【カーバンクルS結果】サンライズオネストがゴール寸前で差し切りオープン初勝利

拡大画像を見る

 15日、中山競馬場で行われたカーバンクルS(4歳上・OP・芝1200m)は、中団でレースを進めた北村宏司騎手騎乗の4番人気サンライズオネスト(牡5、栗東・河内洋厩舎)が、直線後半で一気に前に迫り、抜け出そうとしていた6番人気マリアズハート(牝6、美浦・菊沢隆徳厩舎)をゴール寸前で差し切って、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分08秒7(良)。

 さらにハナ差の3着に1番人気マイネルジェロディ(牡4、栗東・西園正都厩舎)が入った。なお、2番人気ルッジェーロ(セ7、美浦・鹿戸雄一厩舎)は4着、3番人気ダノンチェイサー(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)は13着に終わった。

 勝ったサンライズオネストは、父ダイワメジャー、母サイモンドルチェ、その父ジャングルポケットという血統。初の中山、初の1200mに対応してオープン初勝利を飾った。通算成績はこれで16戦5勝。

関連リンク

  • 1/15 15:59
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます