「ごめんなさい!実は...」彼に嘘を告白するときの注意点とは?

拡大画像を見る

実は年齢を5歳サバ読んでいる。実は彼に内緒で合コンに行った。このような嘘を彼氏についたことがある人も少なくないでしょう。
その嘘がバレる気配がまったくないのであれば問題なく毎日を過ごしていけるものですが、嘘をつき通せない状況になったり、罪悪感に耐えられなくなったりして、彼氏に嘘を告白することもあるでしょう。
しかし嘘をついていたことを考えれば、彼が怒るのは仕方のないことです。場合によっては、それが原因で別れてしまうこともあるでしょう。
そのようなことにならないためには、嘘を告白するときの注意点をしっかり守らなければなりません。それでは、嘘を正直に告白するときは、どのようなことに注意しておくべきなのでしょうか。


素直に謝ること

とにかく素直に謝ることが大切です。嘘をついていたのはあなたですので彼に非はありません。そのため、誠心誠意彼に謝罪をしましょう。
彼が怒りだしたり責められたりしたときに「だって」「でも」と、彼の言葉に反論してしまう人もいますが、これは一番やってはいけないことです。
彼からすれば本当に反省しているようには見えないでしょうし、怒りをさらにヒートアップさせてしまうでしょう。
彼の反論にもおかしい部分があるかもしれませんが、それに対する反論はせず、とにかく彼の声に耳を傾けて謝り続けましょう。
そのようにしてあなたが本当に反省している姿を見せれば、彼もいつか許してくれます。逆に言えば、この謝罪で失敗してしまうとずっと許してもらえないこともあるため、注意しておいてください。


保険をかけないこと

保険をかけないことも大切です。
彼に嘘を告白するとき「絶対怒らないでね」「正直に話すから許して欲しいんだけど」というような、保険をかける人がいます。しかし嘘の内容も言わないうちに、怒らないことを約束させるなど虫が良過ぎる話です。そのような不誠実さが彼に伝わり、許してもらえない原因になってしまう可能性もあります。
そのため、思わず言いたくなってしまう気持ちはわかりますが、このような保険は絶対にかけないようにしてください。そうすることであなたの謝罪の気持ちが真っ直ぐ彼に伝わるようになるでしょう。


フォローを用意しておくこと

どれだけ真摯に謝罪したとしても、嘘の内容によっては彼が許してくれないこともあるでしょう。そのようなときのために、フォローを用意しておいたほうが良いです。
一番おすすめなのは、彼が欲しがっていたものをプレゼントするというフォローです。
渡すときは「これで許して欲しいわけじゃないけれど」という言葉を必ず添えてください。シンプルにプレゼントを渡してしまうと、彼は「これで許せってこと?」と思うでしょう。それを防ぐために謝罪の気持ちだということを伝えておき、反発心が湧くのを防ぐのです。
プレゼントをもらえればそれはそれで嬉しいため、男性も許そうという気になるはずです。また、謝罪の気持ちもしっかり伝わるため、少し高額なプレゼントを用意しても良いかもしれません。


心の底から申し訳ないという気持ちを持つこと

彼に嘘を告白するときは、あなたが本当に心の底から申し訳ないという気持ちがあるかどうかも大切なことです。どこかで「このくらいの嘘、別にいいでしょ」と思っていると、それが謝罪のときにも表れてしまいます。
そのため、まずはしっかり何が悪いのかを考え、申し訳ないと思えるようになったら謝罪をするようにしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 1/15 15:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます