Netflix2位『脱出おひとり島』は韓国版“テラスハウス”!? 「イチャつき弱」「盛り上がりに欠ける」批判から「筋肉に眼福」「脱落なしのバチェラー」など激推しの声も!

拡大画像を見る

 ネットフリックスで配信中の韓国の恋愛リアリティ番組『脱出おひとり島』が1月14日現在、日本のネットフリックス総合ランキングで2位に入るなど、大人気となっている。

「『脱出おひとり島』は、独身の複数の男女が無人島を舞台に繰り広げる恋愛リアリティ番組です。出演者たちの状況は日本の『テラスハウス』に近いイメージ、また出演者たちの恋愛模様をスタジオから視聴者目線で見守るMCたちがいるあたりは『バチェラー』に近いイメージの番組です」(芸能関係者)

『脱出おひとり島』では、最初は全員が「地獄島」と呼ばれる無人島でのサバイバルに近い生活を送ることとなる。

「見事にカップル成立となれば2人で『地獄島』を脱出し、ホテルのスイートルームが用意された『天国島』で1泊2日を過ごすことができます。ただ、そのまま終了ではなく、その後カップルになった2人は再び『地獄島』に戻り、翌日には別の人とまたカップルになり『地獄島』を脱出することもできるルールになっているのです」(前出の芸能関係者)

■「恋愛表現に萌える」「人間味がもろに出てる」の声も

 人気の秘訣は、恋愛模様が入り乱れる「サバイバル感」だけでなく、出演者のビジュアル偏差値の高さにもあるようだ。

「『脱出おひとり島』にハマったというファンたちからは、“みんな美男美女すぎんか”“男性陣のバッキバキ筋肉に眼福”“みんな自信満々で超セクシー”など、出演者のレベルの高さを賞賛する声が相次いでいます。番組の大ヒットによって、出演者たちの個人SNSのフォロワー数も急増しているようですよ。

 他にも“韓国の方ならではの恋愛表現に萌える”“恋愛バラエティにありがちな押し付け感がなくて自然体なのが心地よい”“脱落しないバチェラー。極限状態と究極状態を行ったり来たりで人間味がもろに出てる…”“韓ドラマには抵抗がある旦那も楽しんで一緒に観られた”など、多くの人がハマる要因を分析するコメントなどもSNS上に多数アップされています」(前出の芸能関係者)

■リタイア組からは厳しい意見も……

 しかし、なかには途中リタイアしてしまったという人の声も。

「肯定的な意見が多いなか、なかには『脱出おひとり島』にはハマれず、視聴を途中で止めてしまった、という人も。そんなリタイア組からは、“日本の恋愛リアリティに比べるとイマイチ盛り上がりに欠ける”“イチャ付き具合が弱いんだよなぁ”“男性のぐいぐい感がもっと欲しかった!”“スタジオ陣のトークが致命的に面白くない”などの意見が漏れていました」(前出の芸能関係者)

 両者の意見を参考にしたうえで、気になる人はぜひチェックをしてみては?

関連リンク

  • 1/15 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます