もう中学生「小道具ゴースト騒動」勃発で蒸し返される「おかもとまりとの常識外恋愛」と“被害者”ツクロークンの「売名行為」超濃厚な仰天展開!

拡大画像を見る

 お笑い芸人のもう中学生(38)が、同じ事務所に所属する後輩芸人のツクロークン(48)とトラブルになっていると1月13日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた。

 もう中学生といえば、独特のしゃべり方とダンボールを加工した自作の小道具でネタを展開する芸人として知られ、2021年12月に『ORICON NEWS』が発表した「2021年ブレイク芸人ランキング」では1位に選出され、見事に再ブレイクを果たした。

 もう中学生がネタで使用するその小道具を制作する“ゴーストライター的な存在”がツクロークンで、彼は実名で『週刊文春』にもう中学生を告発したのだ。

 ツクロークンは、7年ほど前から小道具の制作を請け負うようになったという。もう中学生から材料費を含む制作費を受け取り、これまで約70点ほどの小道具を制作してきたようだ。

 ツクロークンは何度ももう中学生に対して「自分が作っていると公表してほしい」「スタッフの1人としてクレジットを入れてほしい」と懇願したものの、もう中学生は「いつかいい仕事をもってくるから」と拒み続けてきたとされる。

「ツクロークンは弁護士を通じて、もう中学生に約70点の小道具の制作者を明らかにするように通知しており、一方のもう中学生も対応を弁護士に依頼しているといいます。同じ事務所の芸人同士が弁護士を通じてやりとりするなんて、泥沼な展開とも言えますよね」(ワイドショー関係者)

 もう中学生に対して、ネットには「他人に作らせてたんじゃ、笑えないよ」「あぁ、もう中も年相応な人間(闇がある)だったんだなぁ~」といった声が上がっている。

 一方で「アイデアがもう中学生によるものなのであれば、ゴーストとは言えないですね」「ちゃんと対価が支払われている。しかも指示書がありアイデアはもう中学生。何も悪いことはない」「ネタも小道具アイデアも制作費ももう中のものならば、ゴーストとは言わないのでは。漫画家に例えると、アシスタントがクレジットを載せろと言っている感じ?」といった、もう中学生をフォローするコメントも少なくない。

「もう中学生は、大人から子どもまで大人気のタレントで、もともとイメージが抜群にいいですからね。ただ、過去の恋愛においては、驚きな話もありましたよね」(前同)

■もう中学生と熱烈アピールの女性タレントとの驚きの恋愛

 2012年春、もう中学生と元タレントのおかもとまりさん(32)が真剣交際していると報じられた。おかもとさんからの猛アタックで交際に発展したと言われたものの、同年12月に『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にそろって出演した際に、恋人関係ではないと否定している。

「おかもとさんがもう中学生さんに片想いしていて、猛アタックしていたそうですが、もう中学生は“30歳になるまで恋愛しない”という決意だったため、おかもとさんからのアプローチを受け入れることはなかったといいます」(女性誌ライター)

 2013年5月にイベントに登壇したもう中学生はおかもとさんについて「いい感じであれ(仲良く)してたんですけれど……」としたものの、「29歳だったから、“まだちょっとダメです”と言い続けていて。僕がちょっと断り続けていたせいで、30歳になってから“じゃあ……”と言ったら、“もう遅いよ”となった」と語った。また、「僕が傷つけたせい」と苦笑しつつコメントする場面もあった。

 おかもとさんも2016年12月放送の『芸能(秘)チャンネル』(AbemaTV)に出演した際、「私がフッたみたいになっているんですけど、実際は私のほうがフラれることが多くて」と告白。

 そして、「一番最初に私が告白してフラれて、その後2回くらい告白してフラれて、その後向こうのほうから声をかけてくれたときには、私がちょうど立ち直ったときでフッちゃって、でもそのあと私のほうからいったらまたフラれて……」と、一度も交際に発展することなく関係は終わってしまったと振り返った。

「クリスマスにはマクドナルドをテイクアウトして、目の前に壁しかない駐車場に停めた車の中で食べるというデートをしたといいますからね。おかもとさんは同世代の女性と同じようなデートをしたかったようですが、もう中学生とはそれができなかったんでしょうね。

 今では明るく話せるエピソードになっているようですが、おかもとさんはもう中学生の対応にかなり傷ついたといいますね」(前同)

■実名告発のツクロークンには「売名行為」の声

 ピュアとも言えるのだろうが、普通ではなかなかない過去の恋愛話も再度語られるなか、もう中学生を告発したツクロークンには、批判的な声が少なくないという。バラエティ番組ディレクターが話す。

「ツクロークンはツッコミどころ満載ですからね。もう中学生はこれまで1000点以上の小道具を自作してきたそうですが、ツクロークンが手掛けた小道具は約70点。1000分の70ですから、1割にも満たないわけです。それなのに『週刊文春』では“今まで、もう中さんの小道具を作ってきたのは私です”と、あたかもすべて作ってきたように語っているんです。そもそもツクロークンは、もう中学生の数ある“外注先”の1つに過ぎないといいます。

 昨年、再ブレイクしたもう中学生は多忙を極めていて、小道具を自作する時間もなかなか確保できなくなった。そのため、ツクロークンを含めていろいろなところに小道具を外注するようになったそうで、テレビ局にも小道具の制作を依頼することもある、というのがリアルな現状だといいます」

 そんな中、ツクロークンは弁護士を通してもう中学生に通知を出し、『週刊文春』に実名で告発を行ったわけだが――。

「同じ事務所に所属しているわけですから、まずは事務所に相談して調整を頼むべきですよね。それがいきなり弁護士を通してですからね……。そこからの文春の取材を受けて、しかも自分の名前しっかり出しているんです。ですので、関係者の間では“ただの売名行為なのでは”という声も出てしまっています。

 そんなツクロークンですが、なんと現在は、一連の行動をかなり反省しているとかで、事務所にも謝罪の意向を示していて、“一からやり直させてください”となっているそうです。自分で火をつけておいて、すぐに謝罪……周囲は、何がしたかったんだとなっているといいます。やはり、世に名前を売りたかったと考えるのが自然ですよね。結果的にもう中学生はツクロークンの売名行為に巻き込まれただけとも言えそうです。よくも悪くもツクロークンの名前は世に出て、知られるようになったわけですからね」(前同)

『週刊文春』の発売日の1月13日の夜、ツクロークンは自身のツイッターで「今回の騒動を知って、お越し頂いた方、ありがとうございます。こういう形で発表してすいませんでした。 元々知ってて応援してくださってる方、ご心配おかけしました。 皆様、様々なご意見お持ちだと思います。真摯に受け止めて、反省すべき点は反省していきたいます。よろしくお願いします」と綴っている。

 今回の騒動で最も得をした人物は……!?

関連リンク

  • 1/15 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 面白いと思った事がないので、小道具を本人が作ろうが他人が作ろうが、ぶっちゃけどうでも良い。

記事の無断転載を禁じます