浜辺美波「遊び終わった人がいい」まるりとりゅうが・Ryugaで凝りたか? 「事務所黙認」彼氏願望に田中みな実バッサリ「それ60代」

拡大画像を見る

 女優の浜辺美波(21)が1月10日放送の『グータンヌーボ2 スペシャル』(フジテレビ系)に出演。理想の男性像について語ったところ、フリーアナウンサーで女優の田中みな実(35)から全否定される場面があった。

 この日は、MCを務める田中が浜辺やモデルでタレントの藤田ニコル(23)をゲストに迎え、さまざまなトークを展開。田中が元カレから浮気されたエピソードを披露し、浮気グセのある男性について「一生変わらないよね」とため息をついたところ、同様の経験があるという藤田も「1回浮気したり、そういうクセがある人は一生治らない」と言い切った。

 それに驚いた浜辺が「なんか言うじゃないですか、“遊び終わった人がいい”とか」と漏らすと、田中は「いやいや、遊び終わるなんてないね」と断言。その一方で「ずっと遊んでいない人もいるとは思うよ」と語る田中に、藤田が「伝説のポケモン並みですよ」とそのレアぶりを指摘したところ、田中は「浮気じゃなくて本気になっちゃうよね、たぶんそういう人は。経験がない人は」と分析した。

 続けて田中は、男は“器用に遊べる人”と“急に本気になる人”のどちらかしかいないと、究極の2択を浜辺に提示。それを受け、浜辺は「“若いころはちょっと遊んだけど、まあ20代になってもういないよね”ぐらいの人。“遊ぶの疲れちゃったよ~”みたいな」と理想の男性像を語ったが、田中は「遊ぶの疲れちゃったのは、もう60代とかだよ。50代だってまだ元気なんだから」と指摘し、浜辺に現実を語っていた。

■次は全然、別のタイプで?

 そんな中、田中は「そうじゃない人は、私は絶対いると思う。伝説のポケモン級の人が」と自身の願望を吐露。これに、浜辺が「ポケモン探しましょ」と応じたところ、田中は「ポケモン探して気づいたら、50(歳)とかになってるかもしれないけど大丈夫?」と冗談を飛ばし、浜辺を苦笑いさせていた。

 このように、浜辺は“遊び終わった人”という理想の男性像を語っていたが、その言葉からはどこか彼氏の浮気にこり、恋に疲れたような様子が感じられた。浜辺は、2021年9月21日付の『文春オンライン』で、男女デュオ「まるりとりゅうが」のRyuga(24)との交際が報道されたが、そのことが原因なのだろうか。

「浜辺との熱愛が報じられたRyugaは、実は夜の世界にも顔がきく遊び人で、その交友関係はかなり派手だといわれています。恋愛経験の乏しい浜辺がそんなRyugaに夢中になって仕事が手につかなくなることを、浜辺の事務所サイドが恐れ、自然消滅を図ったと言われています」(芸能誌記者)

 9月22日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で詳細が報じられて以降、2人の動きが伝わってこないこともあり、Ryugaとは、もう別れたものと思われる。浜辺としては、今度は事務所にいらぬ心配をさせずにすむ、“遊びに疲れた男”がいいのかもしれない。はたして、“伝説のポケモン”はあらわれるのだろうか。

関連リンク

  • 1/15 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます