嫌われたくないんです...。【本命女性】への回りくどいアプローチとは?

拡大画像を見る


客観的な立場なら男性のことでも気持ちがあるかどうか判断出来ても、好きな相手の気持ちについては男女関係なく鈍感になってしまうのが恋愛の恐ろしいところでもあります。
友人としての関係性だった時には理解出来たのに、好きになってしまった途端に相手が何を考えているのか分からないというのはよくあるパターンです。
そこで、今回は男性がする本命女性への回りくどいアプローチの方法についてお伝えしていくことにします。


なぜ回りくどいアプローチになるの?

2人が同じコミュニティに属しているなど、2人の関係性によって告白して断られた場合、周りに迷惑を掛けてしまうこともあります。そういった近しい間柄の場合には、より相手の気持ちを確認したいという気持ちがありそうです。
また、同じ理由になりますが、告白して断られたくないという男性も多いのです。相手の気持ちが分かって断られないと判断した場合は、分かりやすく「好き」という言動をとるパターンも多く、より臆病で慎重な男性は回りくどいアプローチが多いのです。


LINEは必ず返信、どんな話にも親身になって聞く

分かりにくいアプローチでは2人の関係が進展せずに終わってしまったというケースもあります。まず男性は、好きな本命の女性のためには、時間を費やすという事を覚えておきましょう。女の友達や、遊びの関係の女性の場合には、男性は自分本位に行動しがちです。
忙しい時はLINEの返信がない場合もあり、気が向いた時や、興味のある話はよく聞いてくれても、興味のない話しにはいい加減な相槌や、適当な返事が多いものです。本命の女性の場合、LINEはどんなに疲れていても、用事があって時間が遅くなった場合でもほぼ必ず返信します。
また、愚痴や雑談など普通なら面倒だと思う話題でも、真剣に話を聞いてその上で親身にアドバイスや感想をくれます。
本命の好きな女性のためなら、自分の時間を削っても相手の事を知りたい、自分に興味を持ってもらいたいと考えています。本命女性とのちょっとした雑談でもデートに誘うキッカケを探していたりするのです。男性が、自分本位ではなく、相手優先で時間を費やしているようなら本命女性の可能性大です。


回りくどい匂わせ好意「好き」を何度も伝えてくる

回りくどく好意を匂わせられても、本気か分からないですよね。たとえば、過去の恋愛遍歴の話しになった時、「○○ちゃんと付き合ってた元彼氏が羨ましい」や、「○○ちゃんと付き合えたら幸せだよね」などと、自分への好意を匂わせるような回りくどいアプローチを何かにつけて伝えてくるのは、あなたが本命女性という可能性大です。
また、冗談ぽく「○○ちゃんが理想のタイプなんだよね」などの好意を匂わせるパターンもあります。万が一、本命女性が本気にとって断りの返事をしても、自分が傷つかないように「冗談だよ」と流せるように姑息な方法で回りくどいアプローチをしてくる男性も多いのです。
こういった場合は、女性の方から「私のこと好きなの?」って聞き返すのも2人の関係を進展させる方法の1つです。


好きな男性のタイプ、好きなものを聞いてくる、時間を共有したがる

回りくどいアプローチでも、分かりやすい質問があります。本命の女性の好きなものを知っておきたいのは、どんなタイプの男性でも共通しています。
好きな男性のタイプはもちろん、好きなもの、趣味、などを聞き出して、彼女好みのデートに誘えるように、少しでも興味を持ってもらいたい、少しでも多くの時間を共有したいという思いがそういった質問に繋がります。


まとめ

女性と同じく断られたくないと考えてあえて回りくどくアプローチしている男性も多いのです。そういった男性の中でも、相手も同じ気持ちだと自分の中で確信出来れば、分かりやすいアプローチに変わる場合もあります。
回りくどすぎて全く相手に伝わらずに終わったという経験をしているという男性も多いので、「もしかしてアプローチされている?」と本命女性にしかしないアプローチに気づいたら、いつまでも前進しない関係性にモヤモヤとした気持ちを抱えているより、いっそ女性から行動をおこしてみるのも良いかも知れません。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 1/15 5:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます