レアルがカルバハルの新型コロナ陽性を発表…16日のスーパー杯決勝を欠場へ

拡大画像を見る

 レアル・マドリードは14日、スペイン代表DFダニエル・カルバハルが新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを公式サイトで発表した。

 12日にスーペルコパ・デ・エスパーニャ準決勝で宿敵のバルセロナを下し、決勝のアスレティック・ビルバオ戦を16日に控えるレアル・マドリード。しかし、クラブはカルバハルが新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表し、タイトルをかけたこの一戦に同選手を起用できない見込みとなった。

 カルバハルは、サウジアラビアの首都リヤドで行われる同大会で、準決勝のバルセロナ戦にスタメン出場。チームは延長戦の末にライバルを撃破し決勝へとコマを進めたものの、猛威を振るう新型コロナの影響によりまたしても主力を欠くこととなってしまったようだ。

関連リンク

  • 1/14 19:50
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます