西島秀俊、主演映画『ドライブ・マイ・カー』「世界的快挙」のせいで…「東出昌大・唐田えりか」ゲス不倫が「永遠消去不能」になったワケ

拡大画像を見る

 西島秀俊(50)が主演した、濱口竜介監督(43)が手掛けた映画『ドライブ・マイ・カー』が、2022年1月9日(日本時間10日)に、アメリカのゴールデングローブ賞の非英語映画賞(旧・外国語映画賞)を受賞した。邦画の受賞は、市川崑監督の「鍵」以来62年ぶりの快挙となる。

 さらに同映画と、同じく濱口監督が手掛けた『偶然と想像』の2作品は、その前日の8日に行われた全米批評家協会賞でも高く評価され、作品賞、監督賞、脚本賞を受賞。そして『ドライブ・マイ・カー』主演の西島には、アジア人初の主演男優賞という名誉が与えられたのだ。

「このほかにも『ドライブマイ・カー』は世界3大映画祭の1つ、カンヌ映画祭で邦画初の脚本賞を受賞したり、過去の日本映画でも例を見ないほど高い世界レベルの評価を得ています。今回のゴールデングローブ賞の話題もあわせて、非常におめでたい話ではあるんですが、日本では1つ、ある不名誉な出来事を思い出してしまう人もいるでしょうね……」(映画ライター)

 その出来事とは、20年1月に発覚した東出昌大(33)と唐田えりか(24)の「3年ゲス不倫」事件。当時の東出は杏(35)の夫で「イクメン」「おしどり夫婦」と評判だったが、この騒動以降、東出の好感度は地に落ちた。

 その後謝罪会見を開いたり、杏と離婚したりとケジメはつけたものの、「養育費が子ども1人につき1万円」「新恋人を広島のロケ先ホテルに呼び出したのがバレて事務所が激怒」など、いまだにお騒がせ男というレッテルをはがせずにいる。

「不倫のきっかけになったのは、18年公開の映画『寝ても覚めても』で共演したことでしたが、この作品を手掛けたのも、濱口監督でした。

 映画そのものは名作ですが、焼肉店で東出が唐田との出会いを“運命だ”と話したり、唐田の友人役の伊藤沙莉が唐田に“あれはあかん。一番あかんタイプのやつや。泣かされんのも目に見えてんで”と忠告するシーン、唐田の初のキスシーンとは思えない演技力などなど、どうしても現実とシンクロして意味深に見えてしまう描写がオンパレードの映画、としても知られています」(専門誌記者)

■濱口監督や西島は東出を高く買っていたが…

 発覚前は「役にのめりこんでいたのでは」と思われていたが、記者会見でも「麦と亮平(東出の1人2役)で東出のキスが違った」「東出にでっくんと呼んで、と言われた」と話したり、他にも取材のたびに東出への恋愛感情をほのめかすような発言を繰り返していたことも、不倫報道を過熱させていたのは記憶に新しい。

「専門誌『キネマ旬報』のランキングで2018年の日本映画第4位に選出されるなど、非常に評価が高い作品。カンヌ映画祭にも出品されているし、世界レベルの作品ではあるんですが、東出の胸中は複雑かもしれませんね」(前出の映画ライター)

 かつて『寝ても覚めても』の公開当時のインタビューで、濱口監督は東出をこう評価していた。

「まず、第一に“外見”。そこが(東出が演じた役の)麦に必要な要素でした。とても大きいから、集団のなかでもひときわ目立つし、黙って立っている時の異質な感じがすごい。また、カンヌで実感したんですが、本当にきれいな顔をしていて、とてもミステリアスな印象を受けます」

「東出さんは実際に話してみるととっても“良いお兄ちゃん”で、そこは亮平的要素です。バラエティ番組を観ていても、テレビでこんなに素を見せ、無防備でいる人もあまりいないなと驚きました。その2つの要素を持っていますが、本当の東出さんは内面的にも麦みたいなところがあると僕は思います。それは、周りの目をそんなに気にしないという部分。東出さんのなかでその両面が振り子のように揺れている。今回、その両方の要素を出してもらえたので、とてもいいキャスティングだったんじゃないかなと思いました」

■西島は東出について「変わった人だな」

 ちなみに西島と東出は、16年に濱口隆介監督の師匠にあたる黒沢清監督の映画『クリーピー 偽りの隣人』で共演しているのだが、同作のジャパンプレミアで、西島は東出についてこう話していた。

「東出くんとの撮影初日に、彼が静かに座っていたのでちょっと話しかけてみたのですが、 “あ〜!そうですよね”と言って、またすぐに元の体勢に戻ってしまい、変わった人だなと思ったんです(笑)。

 そしたら後日、東出くんが“違うんですよ。実は僕、普段はすごく人なつっこく話すタイプなんです。でも今回は、役づくりのために全く話さないことにしているので、すみません”と言われ、“むしろこちらこそ、すみません”と謝りました。東出くんは撮影中、本当に最後まで役に集中していて、今日やっと少し話せたという感じなんです」

 今回の濱口監督の『ドライブ・マイ・カー』が世界的な評価を獲得したことで、過去作品が大いに注目されることは間違いない。『寝ても覚めても』の東出と唐田は、ある意味で映画史に残る存在になる可能性がある、ということになるだろう。

 役者としてのポテンシャルは高く買われていた東出だけに、今後、濱口監督の作品に起用される可能性もある。世界的監督の作品に出演し、東出はふたたび羽ばたけるかーー。

関連リンク

  • 1/13 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • ミトリン

    1/17 17:05

    たかが不倫くらいで永遠にバッシングされるって頭おかしいよね? だいたい落語家や歌舞伎役者の不倫にはマスコミも世間も誰も騒がない。なのに東出みたいな人間には徹底的にバッシングする。もはやイジメだと思ってる。  

  • おい東出!唐田とズボズボやったのか!🔞

  • ちくちやん

    1/13 17:00

    役作りする前にあの盛大な棒読みなんとかせえよ

記事の無断転載を禁じます