職場のやばいルール「女子更衣室のロッカーは鍵をかけてはいけない」「創業者夫妻のことはミスター、ミセスと呼ぶ」

拡大画像を見る

皆さんの会社には、「やばいルール」は存在するだろうか。今回はキャリコネニュース読者から寄せられた、職場の変わったルールを3つ紹介する。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「職場のやばいルール」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/S4CM1A8Q

同僚とランチを一緒に食べにいくと上席から目をつけられる


茨城県の40代女性(素材・化学・食品・医薬品技術職)の会社には、このようなルールが存在するようだ。

「会社の女性の更衣室のロッカーは鍵をかけてはいけない。お土産を送りあったりするかららしいです。職場が工場なので、デスクがない人も多く食べ物を渡せる場所が限られているからこその風土でしょうか」

いくらお土産のためとはいえ、流石にプライバシーを軽視しすぎているようにも思える。

また、東京都の40代女性(医療・福祉・介護)は、自身の職場についてこのように語る。

「仕事中の私語、同僚とランチを一緒に食べにいくことは上席から目をつけられる。とても変わった会社ですね」

社員同士の適度な交流すらも、あまり良い目では見られないようだ。

さらに、東京都の30代男性(営業)は、かなり衝撃的な職場ルールを告白した。

「社内では『さん付け』で呼ぶのが通例ですが、創業者夫妻のことはミスター、ミセスと呼ばなければいけない」

どうして創業者夫婦だけ「呼び方」で特別扱いをしなくてはならないのだろうか……。

関連リンク

  • 1/5 18:46
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 脱走兵

    1/6 12:26

    そんなもん『ミスター』か『ジュニア』が物色する為のルールに決まってるだろう。

  • 女子更衣室に鍵をかけないのはどうかなあ?盗撮や痴漢の被害に遭わないかなあと思う。

  • 盗撮されても可笑しくない。

記事の無断転載を禁じます