大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ

拡大画像を見る

 昨年12月28日、大政絢と、ロックバンド・ONE OK ROCKのToruが結婚を発表した。2人はSNSで仲睦まじい写真も掲載したという。

「大政はこの日、自身のインスタで《私事ではございますが、この度、ONE OK ROCKのToruさんと結婚致しましたことをご報告させていただきます》と綴り、Toruと肩を寄せ合っている後ろ姿の写真をアップ。その際、大政はピッタリとしたズボンをはいていたことで、『美ヒップのラインが美しい!』とネットで注目を集めました」(芸能記者)

 今回、大政と結婚したToruといえば、18年にテレビ朝日・弘中綾香アナとの熱愛がスクープされ、大きな話題となった。それだけにSNSでは、今回の結婚発表に対して「弘中ちゃんとは別れていたの!?」と驚きの声が相次いだ。

 そんな中、弘中アナとToruの破局理由が今になって注目を集めているという。

「当時の週刊誌では、のちに弘中アナの父親が『タトゥーの入っている男は許さん!』とToruに大激怒したことで、2人は破局したと報じられていました。しかし、大政とToruが結婚発表をした日に配信された『週刊女性PRIME』によると、彼はメンバーで唯一、タトゥーをしていなかったのだとか。そのためネットでは、『破局はタトゥーが原因じゃなかったのか』『結局のところ、なぜ弘中ちゃんとは別れたのだろう?』などと、改めて疑問の声があがることとなりました」(前出・芸能記者)

 一方、弘中アナのファンの間では、「弘中ちゃんも幸せになってほしい」「今、フリーなのかな」と様々な声が飛び交っている。彼女は女子アナとしてトップレベルの人気を誇るだけに、今後もプライベートに注目が集まりそうだ。

関連リンク

  • 1/5 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます