『うる星やつら』が再アニメ化決定! 令和あたる&ラムに「声も違和感ない」「楽しみすぎる」

拡大画像を見る

2022年1月1日、寅年を迎えるにふさわしい発表が行われました。

なんと、漫画家の高橋留美子さんの代表作の1つである『うる星やつら』が令和の時代に再アニメ化するのです!

2022年に『うる星やつら』が再アニメ化決定!

第1期が2022年に放送される今回の再アニメ化では、選び抜かれた原作のエピソードを4クールに渡ってテレビアニメ化!

アニメ化発表と同時にウェブサイトもオープンし、主人公である諸星あたると、ヒロインのラムのイラストが公開されました。

TVアニメ「うる星やつら」 スクリーンショット

また、公開されたディザーPVでは、「ダーリン!」「ラムー!」と呼び合う、あたるとラムの声も聴くことができます。

主人公のあたるは、声優の神谷浩史さんが。ラムは、同じく声優の上坂すみれさんが担当します。

1981年に放送されたアニメでは、あたるを声優の古川登志夫さん、ラムを同じく声優の平野文さんが演じていました。

キャラクターの声が変わることに抵抗感を覚える人は多いものですが、ディザーPVを見た人からは「違和感がなくてビックリした」という声が続出。

古川さんと平野さんも2022年のアニメ化には驚きを隠せないようで、ウェブサイトで「神谷さん独自のあたるを楽しみにしています」「楽しみにしてるっちゃ!」とコメントしています。

きっと令和の時代の『うる星やつら』も、ドタバタラブコメで多くの人をシビれさせてくれるでしょう!

[文・構成/grape編集部]

出典 TVアニメ「うる星やつら」解禁ティザーPV

関連リンク

  • 1/1 14:16
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 勝手に見たら?そりゃー観ますよ?高橋留美子さんの作品はらんまとうる星やつらが好きなんでね。今風も何も面堂を神谷明さんが演じてる頃から知ってます。

  • いち(

    1/3 3:53

    このアニメの定番、終盤のドタバタしっちゃかめっちゃかが嫌いで見てないですね。

  • トリトン

    1/3 3:34

    見てない?まあ個人的な意見だから今時の人には初めて見たら良い作品かもね。でも個人的にはリメイクでよかったためしはほとんどない見てた自分は、だから上から目線では無いと思う勝手に見たら?そして今風の作品を楽しんでね、リメイクで見れるのはアルスラーンと銀英かな?

記事の無断転載を禁じます