松本人志の「説教」発言で大盛り上がり!ニューヨークは「勝ち組」?「犠牲者」?TBS『水曜日のダウンタウン』壮大な悪ふざけ番組『すてきに帯らいふ』に“負けた”かまいたちと千原ジュニアの「2番組」!!

拡大画像を見る

 12月22日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の“壮大な悪ふざけ企画”が、大きな盛り上がりを見せている。

 この日の番組では、「『帯番組』のMCということで喜んで受けたオファーが『着物の帯を紹介する番組』だったとしても『だったらやめます』とは言い出しづらい説」という企画を実施。マヂカルラブリー、さらば青春の光、ニューヨークの3組にドッキリをしかけ、そのなかで最も番組に前向きな姿勢を見せ続けたニューヨークがMCを務めることとなった。

 ニューヨークは、ボケの嶋佐和也(35)とツッコミの屋敷裕政(35)の2人ともが全く企画を疑う姿勢を見せず、和装の“帯”についての番組だとわかった後も、「地上波1時間MCやん」、「逆に面白いかも」と、その勘違いを面白いハプニングとして捉えていた。また、多少、番組の内容について不安は感じつつも、ドッキリを疑うことはない様子だった。

 マヂカルラブリーの野田クリスタル(35)と村上(37)や、さらば青春の光・森田哲矢(40)は企画の途中でドッキリを疑い、カメラを探し始めてしまったため、ニューヨークの2人が“帯番組”のMCを務めることに。

 そして同日の深夜24時25分から、実際にニューヨークがMCの“帯バラエティ”、『すてきに帯らいふ』(TBS系)が放送されたのだ。

■ダウンタウン松本人志がツイッターで「説教やな」

『水曜日のダウンタウン』の企画を受けて『帯らいふ』を見た視聴者からは、「打ち合わせ風景を見てニューヨークの仕事への取り組み方が前向きでいいなと思いました」「本当にただただ素直でかわいいところいっぱいあるんだよな〜」など、ニューヨークが終始ポジティブな姿勢で仕事に取り組むことを評価するコメントが、SNSに寄せられている。

 ところが、『水曜日のダウンタウン』の企画とは知らないまま、純粋に“帯”についての番組だと思って視聴した人からは、「司会の芸人さんを知らないから芸風が分からないけど全く馴染みも知識もないジャンルにぶっ込まれた悲壮感が見ていて痛い…」「司会の“ニューヨーク”というコンビがまずい。実力派と聞いていたけど、空気を読めない寒いギャグの入れ方など、ダダ滑りの進行で構成がぶち壊し。MC向いてないんじゃないですかね」といった、厳しい意見も上がっているのだ。

「ニューヨークは、『水曜日のダウンタウン』の番組内では“感じがいい”と褒められましたが、そこから生まれた『帯らいふ』では、一部の視聴者から痛烈な批判を浴びてしまいましたね。彼らは、“勝ち組”なのか“犠牲者”なのか、訳の分からないことになっていますね(笑)」(テレビ誌ライター)

『水曜日のダウンタウン』、そして『帯ライフ』の放送日翌日の12月23日、ダウンタウンの松本人志(58)はツイッターを投稿。「昨夜ニューヨークがわけわからん番組やってた。説教やな」と綴ったのだ。すると、これに対しニューヨークの嶋佐が「松本さんのお力でTVerの配信止めて下さい!宜しくお願い致します!」とお願い。それに松本は、「なんかムリみたい」と突き放すと、今度は屋敷が、「松本さん!勘弁してください!僕らは長いものに巻かれただけです」と『帯らいふ』を絡めた返しをしたのだが、それに対し、松本は「え どういう意味?」とスルーしてみせたのだ。

■終始、空回り続けたニューヨーク

 番組終了後も盛り上がりをみせている、『すてきに帯らいふ』だが、番組内容はかなり真面目なものだった。「スターの“帯”選び」コーナーには女優の山村紅葉(60)が出演。スタジオゲストには狂言師の和泉元彌(47)の母親である和泉節子さん(79)、作家の岩下尚史氏(60)、『美しいキモノ』(ハースト婦人画報社)の元副編集長である富澤輝実子氏(60)ら、そうそうたるメンバーが登場。

 ほかにも「西陣織 VS 博多織 VS 桐生織」という、日本の三大織物産地代表者が討論を交わすコーナーがあり、真剣に“帯”の魅力について掘り下げて伝える内容だった。

 しかし、そこでニューヨークの2人は空回り。和装で登場したのだが、「帯も気もね、アレで行きましょう…」と言う嶋佐に、屋敷が「カンペ通りにやれ」とツッコむも、笑いは起きず。帯の区別について、嶋佐は「ラーメンくらい奥が深いんですね」と発言し、屋敷がすぐさまツッコんだものの、スタジオは冷えたままだった。さらに、

「七五三用の子どもの帯についてコメントを求められた際、嶋佐は”あの……どのくらいの……お子さん……どういうアレなんですか?”としどろもどろになっていました。それを受けて屋敷が”しゃべれてねーじゃねえか、ぶっ殺すぞ!”とツッコんだのですが、“帯番組”に似つかわしくないやり取りに対し、出演していた作家の岩下さんが目を見開いてじっと見ていて……ピリッとした空気が流れていましたね。

 ニューヨークは、親しみまるでない題材の番組のMCの仕事を頑張ってやっていましたが、盛り上がらないシーンをカットしない編集方法も相まってか、彼らの奮闘は、同番組を普通に見た視聴者には伝わらなかったようです」(前出のテレビ誌ライター)

■千原ジュニアやかまいたちの番組より高視聴率

 そんな『帯らいふ』だが、やはり注目度はすごかったようだ。

「深夜帯の番組なので、視聴率についてどうこう言われるわけではないでしょうが、『すてきに帯らいふ』は世帯視聴率が2.5%、個人視聴率は1.3%という数字でした。実はこれ、同じ時間帯の、他局の人気芸人が出る番組よりも高いものだったんです。

 千原ジュニアさん(47)と日向坂46の佐々木久美さん(22)がMCの『ネオバズ 2分59分』(テレビ朝日系)の世帯視聴率は2.1%、個人視聴率は1.0%。そして、かまいたちがMCを務める『ワンピースバラエティ 海賊王におれはなるTV』(フジテレビ系)は、世帯視聴率は1.4%、個人視聴率は0.7%というものだったんです」(制作会社関係者)

『ネオバズ 2分59秒』は、「人間の集中力は3分しか持たない」という仮説から、制限時間2分59秒のうちにスピーチを行なうというバラエティ番組。『ワンピースバラエティ 海賊王に俺はなるTV』は、かまいたちの山内健司(40)と濱家隆一(38)が、人気少年漫画『ONE PIECE』にまつわるさまざまな企画に挑戦する番組だ。

 前出の制作会社関係者は続ける。

「テレビ番組のラテ欄を番組未定にし、実際に企画から派生した番組を本気で制作して、本当に地上波で放送してしまう『水曜日のダウンタウン』は凄いですよね。まさに“壮大な悪ふざけ“で、かつ他局の人気芸人の番組よりも多くの視聴者を集めてしまった。さまざまな他番組とのコラボ企画を仕掛けるなど、自らの1時間の放送枠に収まらない暴れぶりの『水曜日のダウンタウン』は、ますます注目を集めていきそうですね」

 もしかしたら、ニューヨークの『すてきに帯らいふ』がレギュラー化されることも……!?

関連リンク

  • 12/24 11:54
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • グレイス

    1/26 18:47

    子供が見たがるが旦那が10時には寝てしまうんで部屋に隣接するリビングのテレビは見れない。なので「水曜日~~」は録画で見てる。おかげで“帯番組”は見逃した。

記事の無断転載を禁じます