15人の漫画家が共作した『あさきゆめみし』トリビュート漫画のクセがすごい! 大和和紀先生デビュー55周年企画が超豪華だよ

拡大画像を見る

源氏物語を漫画化した『あさきゆめみし』をはじめ、数々の名作を世に出してきた少女漫画のレジェンド・大和和紀(やまと・わき)先生が、今年2021年にデビュー55周年を迎えます。

これを記念して、少女・女性マンガアプリ「パルシィ(Palcy)」では、お祝いプロジェクトを実施中!

『逃げるは恥だが役に立つ』の海野つなみ先生ら、15人の作家が共作した『あさきゆめみし』のトリビュートマンガなど、見逃せない企画が満載なんです♪

【お祝いにふさわしい華やかさ!】

2021年11月29日にスタートしたお祝いプロジェクト。

『あさきゆめみし』『はいからさんが通る』『紅匂ふ』など、厳選した11作品が「毎日連載」に登場しているほか、

・『はいからさんが通る』トリビュート別冊から一部を特別抜粋
・15人の作家が共作した『あさきゆめみし』のトリビュート漫画
・歴代作品のイラストギャラリー(大和和紀先生のコメント入り)

といった企画を実施しています。

『はいからさんが通る』トリビュート別冊には、大和和紀先生×『美少女戦士セーラームーン』の武内直子先生によるスペシャル対談も収録。

『ママレード・ボーイ』の吉住渉先生&『ちはやふる』の末次由紀先生などによるトリビュート作品や、ファッション分析などもあり、これは読みごたえがありそう~!

【『あさきゆめみし』トリビュートが面白すぎる】

個人的にオススメしたいのは、15人の作家が共作した『あさきゆめみし』のトリビュート漫画

2016年6月25日発売の漫画雑誌『Kiss』に掲載され、話題となった伝説的作品を再掲載。

『あさきゆめみし』1巻に収録された、光源氏と藤壺の女御のエピソードを、大和和紀先生&14人の作家たちが1ページずつ描いているのですが……

『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリ先生、『ホタルノヒカリ』のひうらさとる先生、『東京タラレバ娘』の東村アキコ先生など、参加者が豪華すぎる!!!!!

さらに、絵や表現のスタイルが全く違うので、読み進めるごと、違う漫画を読んでいるような感覚にもとらわれます。

海野つなみ先生に至っては、平安時代のお話なのになぜか「現代のOLと化した藤壺の女御×源部長」という世界観を爆誕させており、じわじわ笑いがこみあげてくる……!

いずれも必見の面白さなので、ぜひご覧になってみてください♪

参照元:Palcy、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 12/13 18:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます