「入居者から暴力・暴言を受けても、職場は何もしてくれない」介護職員が強いられた我慢

拡大画像を見る

介護職の20代女性から悲痛な声が寄せられている。

「(職員が)リハビリ中に認知症や高次機能障害の人から、セクハラ発言、暴力、暴言を受けても職場は何も対応しない。むしろ、病棟で対応するのが大変だから頑張って、と笑って1時間リハビリの時間をふられる。相談しても改善されずに我慢を強いられるので、3年頑張って辞めた」

キツく、離職率が高いと言われる介護職だが、職員の負担は大きそうだ。さらに過酷なエピソードも寄せられている。(文:林加奈)

※キャリコネニュースではブラック企業体験談を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HQI6E1OV

「認知症だから仕方ない」


岩手県の20代女性は、介護士として働いていたときの経験を次のように語る。

「労働環境がひどく、入浴支援や夜勤時の体制は1人で行っていました。また、夜勤の休憩時間もなく、16時間ぶっ続けで勤務していました」

女性はこの介護施設を3年半で退職している。退職ときっかけとなった出来事についてこう綴っている。

「夜勤明けの勤務時、認知症とうつ病がある93歳の女性から暴言、暴力行為がありました。私に花びんや裁ちバサミを投げつけ『殺してやる』と泣きわめいていました」

「私は恐怖のあまり逃げましたが、上司からは『認知症だから仕方ないね。どうしてすぐに応援呼ばなかったの?』と言われました。私は、怖くて応援をすぐに呼べずに避難してから呼んだのですが、上司はそれに納得しなかったようです」

女性はその一件があって以来、仕事に行けなくなってしまい、すぐに退職の手続きを済ませたという。その際、上司から「あなたはいらないから、明日から来なくていい」と切り捨てるように言われたそうだ。

入所者の行動自体は「認知症だから仕方ない」としても、実際に危険な目に遭った職員へのフォローは必要だろう。いざというときに守ってくれない職場だと、職員の定着は難しそうだ。

関連リンク

  • 12/9 19:16
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 最悪の事態が起きて20代の介護士が亡くなっても、93歳の女性は罪に問われないだろうし、大変な仕事ですね。

  • 駄目だろうよ。

記事の無断転載を禁じます