法事中に子供が騒ぎ出し…? 僧侶の対応に「素敵すぎる」の声

拡大画像を見る

法事は、親族や僧侶を招いて行われる、仏教行事。

僧侶による読経や、お斎(おとき)と呼ばれる会食などを通して、故人を偲び、冥福を祈るためのものです。

僧侶の、ぜんG坊主(@76together)さんが体験し、Twitterに投稿した法事でのエピソードが話題になりました。

笑ってはいけない法事に…!

ある日、ぜんG坊主さんは親族とともに読経をするため、経本を配ってから、お経を読み始めました。

すると、今読んでいるページが分からなくなってしまった4歳の女の子が、ぜんG坊主さんに近付いてきます。

女の子「ねぇ!いま何ページなの?

女の子は、読経中のぜんG坊主さんの真横で、元気に話しかけてきたのです!

そこから『笑ってはいけない法事』がスタートしました。

「この人は神様なの?」「なんで煙が出るの?」「なんで誰も喋らないの?」

女の子は、読経中であることや、母親の制止などお構いなしで、思いつくままに質問を連発していきます!

僧侶の存在や、法事中の雰囲気は、好奇心旺盛な子供が、興味を持つには十分すぎる理由があったようです。

ぜんG坊主さんは、読経後にすべての質問に回答する形で法話を行い、会場は爆笑だったといいます。

僧侶からのお願い

ぜんG坊主さんは、僧侶側から見れば、子供やペットの犬猫などによる、法事中のハプニングはあるあるだと話します。

故人を悼むとともに、子供が『死』から学ぶ貴重な機会でもある、葬儀や法事。

子供がうるさくても、不貞腐れていても、まったく迷惑とは感じないため、気にせず参加させてほしいと締めくくりました。

笑いに包まれた素敵な法事に、故人もきっと笑顔になったことでしょう!

[文・構成/grape編集部]

出典 @76together

関連リンク

  • 12/7 19:17
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます