飼い主が猫に謝罪「すみませんでした」 その理由に吹き出す

拡大画像を見る

寒い季節には、こたつの中でぬくぬくと過ごすと、小さな幸せを感じますよね。

温かい場所が大好きな猫たちは、人間以上にこたつが大好きなのかもしれません。

飼い主が猫に謝罪「すいませんでした」

猫と暮らす、なみそ(@omochi_nam01)さんは、愛猫と暮らす様子をTwitterに投稿し、人気を博しています。

ある日、なみそさんは仕事から帰宅後、愛猫に「すみませんでした」と謝罪したそうです。

謝罪した理由が、こちら。

なみそさんは、こたつの布団をまくりあげたまま出勤してしまったのです!

布団がまくり上げられたままのこたつの下から、何かを訴えかけるように見つめてくる愛猫。

猫の表情から「どうして布団をあげたまま仕事に行ったのか」と、責める声が聞こえてきそうです。

なみそさんは、愛猫に対し「布団を上げたまま仕事に行ってすみませんでした」と謝罪したのでした。

【ネットの声】

・とても静かに怒っていますね…。

・「あなた、忘れていましたよね」っていう圧がすごい。

・猫のこういうところが、たまらなく好きだー!

猫の静かなる怒りを鎮めるためには、こたつの電源をつけるほか、おやつを差し出す必要がありそうですね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @omochi_nam01

関連リンク

  • 12/7 19:05
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます