「独身者が有給取得できるのは誕生日だけ」休めないブラック企業

拡大画像を見る

キャリコネニュースにはさまざまなブラック企業体験談が寄せられている。今回は「チェーン展開するビジネスホテル」に勤務していたという、愛知県の20代男性の体験談を紹介する。

男性は「会社や社長をはじめとする、本社勤務の方のクズぶりに嫌気がさしたのと、年収がガクンと下がり、このままではダメだと思い転職しました」と切り出した。(文:コティマム)

※キャリコネニュースではブラック企業体験談を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HQI6E1OV

残業代は30分刻み「29分であれば0円。59分であれば30分のみ」


男性によれば、「会社のクズぶり」は数えきれないほどある。

「有給休暇は本人の誕生日、妻子の誕生日、結婚記念日だけ。独身者は本人の誕生日しか使えなかった」

何度も有給申請したが認められず、男性は本社の地区担当者との定期面談で「有給をしっかり取りたい旨」を相談した。しかし

「この面談は『休みが欲しい』とか『賃金を上げろ』とかの話をする場ではない。そもそも、皆が仕事をしてるのに休みが欲しいとは何事だ。権利を主張するなと」

と一喝されてしまった。また残業代にも厳しく、「30分」単位で残業時間を切られた。

「合算ではなく、1日30分単位でしかつきませんでした。29分であれば0円。31分であれば30分のみ。59分であれば30分のみ。30分とか31分とかキリが良いところで押していると、『なんで待ってるんだ』と怒られる始末」

さらにコロナ禍で残業が全面禁止になると、「残業しても会社は許可してない。だから払わないという始末」。勝手に残業していると、各店舗の防犯カメラ(通称監視カメラ)でシフト表を見ながら「何勝手に残業してるんだ」などと責められ、結局サービス残業を余儀なくされたそうだ。

辞める際にも一悶着「勝手に転職活動して、有給消化したいとは何事だ」

ボーナスにも不満があったという。

「賞与も30万円を越えると、その分は減らされます。しかも何だかんだで減点があったりする。本社(のボーナス)は300万円以上あるのに」

嫌気がさした男性は転職したが、「辞める際にも一悶着」あったそうだ。

「『辞めます。何月何日で辞めさせてください』と言うと上司は目が点になり……。口をポカーンとしながら引き留め工作に走りました」

男性は次の仕事が決まった旨を伝え、有給を消化しての退職を希望した。しかし……。

「結局本社の横やりが入り、『勝手に転職活動して決まったから辞める。有給消化したいとは何事だ』ということで、有給は消化することなく辞めました。この会社のクズぶりは沢山あります」

現在の転職先については、「大変なこともありますが、確定拠出年金や従業員割引、住宅手当、残業代も1分単位で支給。休暇も充実しており、満足です」と綴っていた。

関連リンク

  • 12/7 18:32
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    12/8 0:02

    自分の初めての派遣有給のこと知らなく長いこと勤めて親父亡くなって葬式休むとき初めて知りました。聞いた聞かないから悪いと言われましたね。その間の休みは有給ではなかったけどね。

  • 観音寺六角

    12/7 23:06

    20年間で有給使ったのは葬儀の時だけだな🥱使わないので全て金に変わったけど…辞めた

記事の無断転載を禁じます