坂上忍、打ち切り報道『バイキング』の次は“放送ナシ”&“コア爆死”『坂上どうぶつ王国』!?蜜月終了「フジテレビから消える日」!!

拡大画像を見る

 坂上忍(54)がMCを務める昼のワイドショー『バイキングMORE』(フジテレビ系)が来春に打ち切りが内定していると、12月3日付の『NEWSポストセブン』が報じ、関係各所に衝撃が走った。

 31年の長きにわたって、フジテレビの“昼の顔”として放送されてきたタモリ(76)の『笑っていいとも!』に代わって、2014年4月より始まった『バイキング』。2015年春からはそれまで月曜日MCだった坂上が「総合MC」に昇格。月曜から金曜まで番組のメインとして仕切るようになった。

 2020年9月からは『バイキング』後に放送されていた『直撃LIVE グッディ!』が終了。それに伴い、放送時間が1時間拡大され、『バイキングMORE』とリニューアルし、現在まで続いている。

『NEWSポストセブン』の記事では、番組打ち切り要因として、政治から芸能人まで好き放題に噛みつく坂上の姿勢をフジテレビ上層部が気にしたから、とも言及している。そして、すでに坂上にも番組打ち切りの方針が伝えられたという。

「坂上は『バイキング』のほかに、フジテレビで『直撃!シンソウ坂上』と『坂上どうぶつ王国』という冠番組を抱えているだけに、同局サイドも『バイキング』を終わらせるタイミングを慎重に見定めていたといいます」(芸能記者)

 たしかに、坂上とフジテレビは長い間、蜜月関係にあり、坂上のことを「お台場の帝王」と言う声もあったほどだ。

 12月7日発売の『女性自身』(光文社)でも『バイキング』終了について報じており、経費削減の一環として、年間2億円のギャラだという坂上がリストラ候補に挙がったとしている。また、同誌は坂上に直撃取材を行なっており、坂上はフジテレビとの関係は悪くなっていないこと、『バイキング』の終了については「僕のほうからお答えすることはできない」と応じている。

「『シンソウ坂上』は昨年9月でレギュラー放送を終了していて、現在は不定期特番という形になっています。『バイキング』も終わるとなると、残るレギュラー番組は『坂上どうぶつ王国』の1本のみ。この番組の行方にも注目が集まっています」(制作会社関係者)

■11月の『坂上どうぶつ王国』放送回数はゼロ!

 2018年10月にスタートした『坂上どうぶつ王国』には、坂上のほか、片平なぎさ(62)、サンドウィッチマン、野性爆弾のくっきー!(45)、King&Princeの高橋海人(22)、堀田真由(23)といった人気タレントが多数出演している。

「しかし、ここ最近は野球や特番で放送回数が極端に減っているんです」(前出の制作会社関係者)

 12月3日の同枠では『日本一のものまね王者が今夜決定!ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスペシャル』が、11月26日には『ウワサのお客さま』2時間SPが、11月19日は『爆買い☆スター恩返し』2時間SP、11月12日は『プロ野球 セ・リーグクライマックスシリーズ』が、11月5日も『ウワサのお客さま』2時間SPが放送され、11月には『坂上どうぶつ王国』の放送が1度もなかった。

「数字も良いとはいえないでしょうね。10月22日の『坂上どうぶつ王国』の世帯視聴率は9.4%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、テレビ各局が重視している13~49歳のコア視聴率は3.1%というものでしたが、同月8日に放送された3時間SPが厳しかった。世帯7.7%、コア2.7%でしたからね。ゴールデンの3時間SPでコア視聴率2.7%というのはよろしくないですね」(前同)

■開始3か月での企画変更に坂上忍がブチギレ

『坂上どうぶつ王国』のスタート時、夢の「どうぶつ王国」建設のため、坂上自ら千葉県に4500坪の土地を購入したという経緯がある。だから、フジテレビとしては簡単に番組を打ち切ることができないようだ。

「『坂上どうぶつ王国』は、『バイキング』と『シンソウ坂上』を軌道に乗せ、絶頂期にあった坂上さんが“どうしてもやりたい”と自腹を切って土地を購入して始めた番組です。しかし、スタートしてしばらくは視聴率1桁台前半という壊滅的数字で、開始3か月で大幅な企画変更の打診があったそうです。

 その際に“俺は自腹切っているのに、フジテレビは少しの我慢もできないのか!?”と坂上さんが激怒し、継続が決まったといいます。ただ、来年の春で番組開始から3年半、秋で4年になります。そこまで続けば、フジテレビサイドも責任は果たしたと言えるのかもしれませんね……」(民放キー局ディレクター)

 何より、3時間SPでしっかりと視聴率を取ることができず、放送回数が極端なまでに減っていることから『坂上どうぶつ王国』は終了の方向に向かっていることがうかがえる。

「特番を次々と入れられて、放送回数が減っていくというのは番組終了への典型的な流れですからね。ただ、来春終了となると、報道通りだとすれば『バイキング』と同じタイミングになる。それは坂上さんにあまりにも失礼でしょう。その次の改編期、来年の秋には、“『バイキング』に続いて”、ということになってしまうかもしれませんね」(前同)

『バイキング』に続き、『坂上どうぶつ王国』も終了し、“お台場の帝王”は“8チャンネル”から姿を消してしまうのだろうか!?

関連リンク

  • 12/7 11:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます