ナイナイ岡村隆史、フジ『THE MANZAI』での宮迫博之「雨上がり解散」と「焼肉店」イジリの真意とは?

拡大画像を見る

 12月5日放送の『THE MANZAI 2021マスターズ』(フジテレビ系)の冒頭にてMCのナインティナイン・岡村隆史(51)が「今年のお笑い界を振り返ってみてどうですか」という質問に「やっぱり解散されたコンビが一番大変やったんじゃないしょうか」とコメント。名前こそ直接出さなかったものの、元雨上がり決死隊の宮迫博之(51)について言及する場面があった。

「ナイナイは若手時代の91年から94年に脱退するまでの間、雨上がり決死隊らとともにダンスとお笑いをミックスしたユニット『吉本印天然素材』を組んでいました。雨上がり決死隊がリーダーで、ダンスはブレイクダンスが得意だった岡村がトップクラスでしたね。

 ちなみに、岡村の相方である矢部浩之(50)は、ダンス下手なうえにやる気もない問題児で振付師の夏まゆみさんを泣かせてしまい、のちに01年の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で和解しました」(専門誌記者)

 今回の『THE MANZAI』では岡村はあえて「宮迫」という名前は出さず、

「われわれも一緒に踊ってきたりいろいろやってきたメンバ-ですから複雑な思いもありますけど。なんとか焼肉屋さんだけは成功させてください」

 と、宮迫が21年10月開業予定だったが難航している焼肉店『牛宮城』についてコメントしていた。

「しかも、“よく分かりませんが、事情は……”としつつも“なんか、ヒカルさんが撤退する…分かりません”と、試食企画で共同経営者だったYouTuber・ヒカル(30)が肉のクオリティ面の低さなどに怒り、事業撤退したことに言及したことで、矢部に“ネットニュース、めっちゃ読んでいるやん”とツッコまれていました(笑)」(前同)

■かつては後輩の岡村に追い抜かれていた

 最後は「なんとか美味しい焼肉屋さん、頑張って作ってください」とエールを送る形で終わったが、この発言にヒカルも反応。

《the MANZAIで宮迫さんの話から牛宮城の名前が出てそこからヒカルって名前が一瞬出たらしい

 宮迫さんの力は凄まじいなと改めて思った

 視聴者の方から一気に100件くらいメッセージきてた笑

 ありがとうございました》

 と、12月5日にツイートしいている。

「宮迫は岡村の先輩で、20代のころは勝手に宮迫の家で寝泊まりしたり、食事したりしていたと明かしています。

 ただ、ナイナイが93年の『とぶくすり』(フジテレビ系)を経て、『めちゃイケ』に抜擢されたことであっという間に先をいかれてしまった。これについてはYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』の20年8月10日投稿動画『【神対談】「狂犬」加藤浩次がすべての闇に触れていく【加藤の乱】』で“1番抜かれるわけないと思ってたやつだった”と、意外だったことを話しています」(前出の専門誌記者)

 ちなみに、岡村が『めちゃイケ』に選ばれた理由については、片岡飛鳥プロデューサーが、

《雨上がりかナイナイかどっちかで悩んでた。雨上がり決死隊はもう完成されてるけど、お前たちは粗削りだから今から作っていくという作業に向いている》

 と話していたから……と、当時岡村は宮迫に話しており「多分、俺のためのフォローなのかな。嘘かほんとかわかれへんけど」と、YouTubeで宮迫は補足していた。

「でも、良かった。俺らやったら『めちゃイケ』になってない。おそらく、俺らがあそこに入ったら(大人気コンテンツの)『めちゃイケ』にまで昇華されてないねん」

 とも話している。

■「フジモンの言葉が全てなんかな」

「そんな経緯もあることから、19年6月に宮迫の闇営業騒動が発覚した際には、岡村もショックを受けていて、『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で“ギャラは貰ってない”とウソをついたせいで余計に騒動になってしまったことや、金に困っている若手はまだしも、苦労して売れっ子になったのに闇営業していた宮迫について、

“遠回りしましたけど、しっかり仕事あるじゃないですか。そんな人がこんなところに行かなくても全然良かった。でも行ってまうねん。ほんまに腹立つわ! こんなところにいかんでもええのに……。相方(蛍原徹)がかわいそうやん”

 と、怒っていましたね」(前出の専門誌記者)

 その後、21年8月17日に雨上がり決死隊が解散。これについても、同年9月7日の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABCテレビ)にてFUJIWARAの原西孝幸(50)と一緒に蛍原に呼び出され、

「今年の4月か5月には『解散するわ』と蛍ちゃんが言った。もう『はい』としかよう言わんかった。コンビのことやから、どうこう言うのも違うし」「蛍ちゃんががっつり決めはったから。宮迫さんはまさかそんなこと言われるとは思ってなかったと思うねん」

 としたほか、藤本敏史(50)の「全部宮迫さんのせいですよ!」という発言に「解散って決断をさせてしまった宮迫さんのせいですよって言う、フジモンの言葉が全てなんかな」と理解を示していた。

「そんな宮迫と縁のある岡村ですが、昨年4月23日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で “コロナ明けは、かわいいコが風俗で短期的に働く”という発言をして、一歩間違えたら地上波でも干されかねない大炎上を引き起こしてしまいました。相方・矢部のフォローもあって事なきを得ましたが、それだけに。宮迫のことは気にかけているのではないでしょうか」(前同)

 かつては同世代の芸人同士、テレビを盛り上げていた宮迫と岡村。今回、岡村があえて冒頭で発言したのは、盟友へのエールだったのかーー。

関連リンク

  • 12/7 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます