BiSH、LiSA、PORIN…紅白出場歌手の「暴走下半身」を抜き打ち検査!

拡大画像を見る

「せーの、」と言った後に男性のシンボルを意味する三文字言葉が、NHK局内に響き渡った。

 司会を務めていた和久田麻由子アナ(33)は絶句。その場にいた担当プロデューサーは、

「本番じゃなくてよかった」と、胸を撫でおろした。

 これは11月19日に行われた「第72回NHK紅白歌合戦」の出場者発表会で、初出場のガールズグループ・BiSHが起こした「暴走アクシデント」だ。スポーツ紙芸能記者が振り返る。

「メンバーのセントチヒロ・チッチ(28)が、『私たちの気合いを見てほしい』と、円陣を組んで放送禁止用語を絶叫。番組公式ツイッターにはBiSHの会見動画がアップされていますが、このシーンだけが不自然な形でカットされています」

 NHKをハラハラさせるBiSHとは──。

「15年にインディーズでデビューした6人組アイドルグループ。ちなみにグループ名の『SH』はshit、すなわち”大きいほうの便”を意味する。『楽器を持たないパンクバンド』を謳い、従来のアイドルとはかけ離れた過激なパフォーマンスが話題を集め、ライブチケットは即完売するほどの人気」(アイドル誌編集者)

 今もマネジメントを手掛ける生みの親が、音楽プロダクション「WACK」の渡辺淳之介代表。19年には社是を公募し、採用したのが、これまた、“男性のシンボルを表す3文字言葉”を口に出して言える世の中を、といった意味のフレーズで、タブーなきPR戦略で知られているが、

「今年10月には既婚者である渡辺氏が、BiSHとの縁もあるアイドルグループのメンバーと不貞関係にあったことが発覚。この報道で一時はBiSHの紅白出場が危ぶまれました」(前出・アイドル誌編集者)

 この親にしてこの子あり!?「FM FUJI」でレギュラーを務めるラジオ番組は下ネタのオンパレードだ。セントチヒロ・チッチがリスナーの報告メールに応えて、男性のイチモツについて、その名称を口にしながら、

「皮が剥けちゃったんでしょ」

 と、禁断ワードを放り込めば、メインボーカルのアイナ・ジ・エンドは、「男性の女性初体験」について、「清掃員」(※ファンの総称)の「8割はたぶん」としたうえで、「初めて(の経験)は」性サービス店であると断言。

 発言以上に警戒すべきは衣装だ。冒頭の発表会で着ていたのは紅白ツートンカラーのスーツ。肌見せは控えめだが、その奇抜なデザインは、膝上から巨大なイチモツがそり立っているような印象を与える。

 芸能評論家の佐々木博之氏によれば、「本番でさらに過激な衣装を用意してくる可能性はあります」という。しかし、06年に出場したDJ OZMAがバックダンサーに“バストが全見えになっているようなボディースーツ”を着せて苦情が殺到し、その後、出禁になったということから、「BiSHも気をつけてほしいですね」と佐々木氏は警鐘を鳴らすのだ。

 この他にも、LiSA、PORINなど計5名の紅白歌手の下半身事情を、12月7日発売の「週刊アサヒ芸能」12月16日号でさらなる詳細を伝えている。

関連リンク

  • 12/7 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • おやぢ

    12/16 17:53

    せーの、はイタリア語でおっぱいという意味があるから、男性のアレじゃなくて「おっぱい!」と叫んでいれば、洒落が利いているという評価もあったかもw

  • ***

    12/16 17:40

    常識の無い輩共は出場取り消しにしたら良いだけです簡単な事\(^-^)/この女の人達、初耳だし

  • はち

    12/16 16:47

    そもそも分かってた事じゃないの? 選ぶ時に普段どんなパフォーマンスするか見てるんじゃないの?

記事の無断転載を禁じます