卒業ラッシュの乃木坂46、次はまさかの4期生? 意外なあのメンバーに卒業の心配が…

 高山一実、生田絵梨花、新内眞衣、星野みなみと卒業ラッシュが止まらない乃木坂46。そんななか、グループの4期生が12月3日、グループ加入3周年を迎え、4期生メンバーが次々に自身の公式ブログを更新した。

「乃木坂46は1、2期生メンバーが毎月1人のペースで卒業しています。来年2月に卒業予定の星野の次にもまだ卒業する人がいるのではないかとファンは冷や冷やもの。しかし、もしかしたら次の卒業は1、2期生ではないかもしれません。というのも、4期生で、グループ最年少である筒井あやめが意味深なブログを更新しているのです。彼女は4期生メンバー1人ずつに宛てたメッセージを投稿。3周年という記念に同期メンバーに日々の感謝を記したようにも見えますが、3周年というタイミングならば、むしろファンに感謝や気持ちを伝え、『今後もよろしくお願いします』という内容になりそうなもの。これについて、次のシングルセンターは筒井で、そのシングル活動をもってグループを卒業するのではないかという噂が浮上しているのです」(芸能ライター)

 筒井は現在まだ17歳である。卒業とはどういうことなのだろうか。

「筒井は加入間もない時に24thシングル『夜明けまで強がらなくていい』でフロントのセンター横に大抜擢され、4期生の中でも遠藤さくら、賀喜遥香に次いで常に先頭に立ってきました。その後もほぼ全てのシングルで選抜入りし、最新シングル『君に叱られた』では12福神入りもしています。まさに順調そのものである筒井が今卒業する意味が見当たりません」(芸能ライター)

 しかし、「筒井には卒業を考えるきっかけがあった」と語るのはアイドル誌ライター。さらにこう続ける。

「3期生の大園桃子の卒業です。もともと筒井は大園に憧れてグループのオーディション(坂道合同オーデション)を受けたことを明かしています。大園は3期生で唯一卒業したメンバーであり、芸能界を引退して次のステップへと進んでいます。大園の卒業はやはり筒井の感情をグラつかせるものだったことでしょう。筒井はもともと国立の進学校である中学に通っており、書道が得意。世間一般の17歳同様、筒井にとっても今は『このままアイドルでいいのか』と不安になったり、『違う道があるのではないか』と将来を模索したりするタイミングなのではないかと思うのです」

 憧れの先輩の大きな決断を見て、自分も身の振り方を考えるというストーリーは、確かに往々にしてある話である。

「乃木坂46にはもうすぐ5期生が加入してきます。真偽のほどはわかりませんが、一部リークによると、5期生は相当若いメンバーが多いらしい。そうすると、筒井の“最年少”というキャラクターはなくなってしまいます。また、前回のシングルが10月に発売されたところからみると、29thシングルは2月あたりの発売で、1月中旬にはテレビ初披露になる可能性が高い。そうするとこの時期には選抜発表をされていて、レッスンが始まっているのが普通です。そういったタイミングであのようなブログというのはやはり、センターからの卒業という可能性は否定できないでしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 4期生の卒業となればファンは相当ザワつくことだろう。もちろん、まだ推測の域を出ない話だが、そろそろ4期生からも卒業が出ることを覚悟しなければならない時なのかもしれない。

  • 12/6 20:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます