「試用期間が終わったら基本給5万円値下げ。社長はレクサスやら買いまくり」退職したドライバーが語る某食品会社のデタラメぶり

拡大画像を見る

食品会社の自社配送ドライバーをわずか5か月間で退職したという埼玉県の40代男性から、キャリコネニュースにこんな声が届いた。

「面接時の給与と違う。試用期間3か月が終わったら基本給が19万8000円から14万4000円に謎の値下げ」

いきなり5万4000円も減額されれば、そりゃあ辞めたくもなるだろう。(文:okei)

※キャリコネニュースでは引き続きアンケート「仕事を即行でやめた人」を実施しています。回答ページはこちら https://questant.jp/q/HF78WM9H

「社長の気分で今年の冬はボーナス無し。コレで退職決定」


男性は、会社のデタラメぶりを次々に暴露した。

「残業代一切無し、規定の不明な手当てと減額金、残業時間90時間超えで手当てが5800円。自社配送なのにトラック整備員がいない。工場にベトナム人留学生がぞろぞろ。安く使い倒して怪我や病気でクビにしてる」

もちろん社長の身勝手さに怒りを感じていたようで

「社長の車がいつも変わる。レクサスやらランクルやら買いまくってるらしい。ボーナス有りのはずが社長の気分で今年の冬は無しとの事。コレで退職決定」

と男性は退職決意の決定打を語る。

実は改善を訴えていたというが、「やる気のカケラもない」と憤る男性は、最後に一矢報いたかったのだろう。「労基に全てタレこむつもりで証拠集めが楽しかった。来年早々に監査が入るらしい」と綴っている。

関連リンク

  • 12/6 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 観音寺六角

    12/6 18:38

    俺も辞めた時にやってみたけど…やっぱり証拠は重要だな😩

記事の無断転載を禁じます