降格、残る1枠は徳島に決定…定着ならず1年でJ2へ 清水は勝利、湘南ドローで残留果たす

拡大画像を見る

 明治安田生命J1リーグ最終節が4日に各地で行われた。

 上位3チームの順位はすでに決定。そして今季は4チームがJ2降格というレギュレーションの中、3チームの降格が決まって迎えた最終節で、清水エスパルス、湘南ベルマーレ、徳島ヴォルティスがJ1残留を最後まで争う。

■第37節終了時の順位(勝ち点/得失点差/最終節の対戦相手)
15位 清水(39/-18/vsセレッソ大阪(H))
16位 湘南(36/-5/vsガンバ大阪(A))
17位 徳島(36/-19/vsサンフレッチェ広島(H))

 第37節終了時では清水が勝ち点3を離しており優位な状況ではあるが、敗戦して下位2チームが勝利した場合、得失点差でひっくり返される可能性を残す。徳島は得失点差で湘南と差があるため、勝利が求められる。

 同時刻開催で行われた中でまず動いたのは徳島vs広島。9分に青山敏弘の左クロスをファーサイドで飛び出した藤井智也がボレーで合わせて広島が先制すると、2分後にはその藤井のクロスからエゼキエウが決めて2点差に。36分にもセットプレーからエゼキエウに得点を許し、徳島は前半を0-3で終える苦しい展開となる。

 清水は35分、C大阪にオウンゴールで先制点を献上したが、前半終了間際に西澤健太のFKから鈴木義宜のゴールで同点として前半を終える。湘南はチャンスを作るもG大阪GK東口順昭の堅守を崩せず。前半を終えた段階では徳島が降格という状況に。

 勝利が必要な徳島は後半開始時に3枚替え。52分には相手クリアボールを拾った岸本武流がミドルを決めて1点を返す。反撃ムードにもなるが、65分に投入されたばかりの広島MF浅野雄也にゴールを許し、再び3点差となってしまう。徳島は80分に途中出場の一美和成が決めたが反撃はここまで。4-2で広島が勝利を収めた。

 清水は後半に入って51分に西澤が左足で鮮やかなミドルシュートを沈めて逆転に成功。終始攻める姿勢を崩さず、2-1で勝利を収めた。またG大阪と湘南の一戦はスコアレスドローで終了し、湘南は勝ち点1を積み上げた。

 この結果、徳島は勝ち点36のままとなり、J2降格が決定。2014シーズン以来となるJ1昇格を果たして戦ったシーズンとなったが、2014シーズン同様、1年でのJ2降格となってしまった。J2降格は徳島、大分トリニータ、ベガルタ仙台、横浜FCとなった。

関連リンク

  • 12/4 16:01
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます