千葉の背番号10、FW船山貴之が今季で退団「こんな形でチームを去るとは1ミリも」

拡大画像を見る

 ジェフユナイテッド千葉は4日、FW船山貴之との契約が今シーズン限りで満了となり、退団することを発表した。

 1987年5月生まれで現在34歳の船山は柏レイソルユースから流通経済大学に進学。2010年に栃木SCに加入した。その後、松本山雅FC、川崎フロンターレを経て2016年から千葉でプレー。2019年からは背番号10を背負う。Jリーグ通算で385試合に出場し、96得点。今季は37試合出場8得点を記録している。

 船山は発表に際し、クラブ公式HPを通じて、以下のようにコメントしている。

「この度、来季の契約を結ばないこととなり契約満了となりました。まず昇格という目標を達成できず、力不足で申し訳ないです。そして、ジェフユナイテッド市原・千葉の船山貴之を好きな方も嫌いな方もいたと思いますが、応援してくれてありがとうございました」

「こんな形でチームを去るとは1ミリも思っていなかったので心が苦しいです。ファン、サポーターのみなさんの前で挨拶もできず申し訳ないです。でも、こんな無愛想な船山貴之を受け入れて、応援してくれて嬉しかったです。ファン、サポーターの中で少しでも船山貴之を応援してよかったって思ってくれていたら嬉しいです」

「まだまだ船山貴之はピッチに立っていたいので、ちょっとでもいいので応援宜しくお願いします。6年間本当に本当に本当にありがとうございました」

関連リンク

  • 12/4 10:58
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます