元TOKIO長瀬智也、ジャニーズ退所後「10か月ぶり」ついに本格芸能活動再開!?“実母が役員”アパレル会社が窓口に!「長瀬智也に関するお問い合わせにつきまして…」!!

拡大画像を見る

 元TOKIOの長瀬智也(43)がグループを脱退し、ジャニーズ事務所を退所してから9か月――。

 テレビや音楽の世界から去ったとされる長瀬だが、インスタグラムを頻繁に更新して、いまだにファンを楽しませている。また、今年7月にはセレクトショップ「FREAK‘S STORE」のチラシでモデルを務めたほか、8月に発売されたオートバイ雑誌『ROLLER Magazine Vol.40』の表紙を飾ったことも、大きな話題を呼んだ。

「そんな長瀬さんですが、ついに本格的に動き出すと言われています。というのも、長瀬さんのインスタに、アパレルブランド『CHALLENGER』の名前で長瀬さんの“窓口”が設けられたんです」(芸能プロ関係者)

“窓口”となるページには、「長瀬智也に関するお問い合わせにつきまして、下記フォームに必須項目(*)を全てご入力ください。内容によってはご返答を差し上げるまでお時間をいただく場合や、ご返答を致しかねる場合がございます」と問い合わせフォームが設置されているのだ。

 また、「追伸:当ページよりお送りいただく内容は全てCHALLENGERにより管理されております。私的な内容や本人へのメッセージをお預かりするページではございませんことをご理解下さい」という注意書きも確認できる。

■「自分がやってきたことすべてをやりたいだけ」

 前出の芸能プロ関係者が続ける。

「CHALLENGERは、長瀬さんの幼馴染の元プロスケーターの男性が手掛けているブランドで、同社の取締役には長瀬さんの母親の名前もあります。長瀬さんはブランドのPVにも出演していますし、PVのディレクターを担当することもあるようです。チラシモデルを務めたことも話題になりましたが、あのチラシもCHALLENGERのアイテムを紹介するものでした。

 ジャニーズ事務所退所後はバイクレースに参加するなど、悠々自適なセミリタイア生活を満喫していたようですが、親友のアパレルブランドとタッグを組んで、いよいよ本格的に芸能関係の仕事もできる体制を整えたのではないでしょうか」

 8月19日の『NEWSポストセブン』の直撃取材に応じた長瀬は、「俳優として再びメディアで活動する気持ちはないですか?」という質問に対し、「そこは(引退と)イコールじゃないと思うから。やろうと思ったら、いくらだってできる。どんな肩書の人だって映画は撮れるし。ただ、俺がやりたいと思っていることは、日本でやっているヤツがいないから。説明してもみんなわからない」と語っていた。

 また、「俺は別に、お芝居がやりたいとか、歌がやりたいとか、何か1つじゃなくて、自分がやってきたことすべてをやりたいだけで」とジャンルを問わずやりたいことをやると宣言したのだ。

 4月28日発売の『週刊文春』には長瀬の父親のインタビューが掲載されているほか、父親に対して長瀬が「俺がやりたいことは、親父が昔全部やっていた」と漏らすことがあったとも伝えている。

 長瀬の母親は、2月25日発売の同誌の取材に「引退はしない、今後もテレビにずっと出てほしい、好きな音楽も続けるのではないか」と語っている。

■クドカン作品出演&TOKIO再集結も!?

「長瀬さんの父親はかつてプロのカーレーサーとして活躍していました。長瀬さんもアマチュアのバイクレースに参加するほどの腕前ですが、ジャニーズ在籍時はレースへの参加を止められていた。だからこそ、退所後すぐにバイクレースに参加したのではないでしょうか。

 加えて、映画を撮ったり、PVに出演したり、クリエイティブなことにどんどん挑戦している。母親が話したように、俳優や音楽活動も続けると見られます。ただ、長瀬さんは、しがらみが生じたり、やりたいことができにくという理由で、大手代理店や大手芸能プロダクションや、大手レコード会社と組むつもりはないようですね。

 それでも、長年ドラマや映画でタッグを組んできた宮藤官九郎さん(51)が手掛ける映画や演劇に絡むというのはありえるでしょうね」(前出の芸能プロ関係者)

 長瀬はジャニーズ事務所から円満に退所。そのため、退所後も『TOKIOカケル』(フジテレビ系)の過去VTRに何度も登場している。

「テレビを含めて、何らかの形でTOKIOの城島茂さん(51)、国分太一さん(47)、松岡昌宏さん(44)と一緒になる可能性もゼロではなさそうです。他にもバンド活動など、いろいろな活躍が期待できそうですよね」(前同)

 本格再始動となりそうな長瀬。多方面での豊かな才能と仲間思いの素晴らしい人柄から、一緒に仕事をしたいという人、組織は少なくないはず。また、新たな長瀬を見ることができそうだ。

関連リンク

  • 12/4 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます