“販売スキル”を上げたい人が実践すべき3つのこと

拡大画像を見る

 アパレルショップや雑貨屋さんなど、接客での販売をやっていると実績が問われます。そうした中、「販売スキルを上げたい」「なかなか売り上げにつながらない」という悩みを持っているのなら、有識者のアドバイスを参考に、ぜひ次のようなことを実践してみてください。

■小分けの目標設定を

 接客販売コンサルタントである鈴木比砂江さんの著書「販売員の教科書」(すばる舎刊)によると、目標設定は小分けにするほうがいいのだとか。パートに分けて設定することが大事なんだそうですよ。販売のスキルアップは“1日にして成らず”ですね。

■「ありがとう」と言われるためにやる

「お客様に『ありがとう』と言われるために販売するのがよい」と、ハッピーサイクルコンサルタントである川崎真衣さんは「『ありがとう』と言われる接客・販売の教科書」(あさ出版刊)の中で述べています。お客様はあなたの行動や働きに対して感謝するのですから、感謝を目標にすることはよいことをするということ。お客様のハッピーにつながることを真剣に考えてした行動なのですから、追求していいんですね。

■キャラクター造形してクレーム対応する

 ブランド・スタイリング・プロデューサーである森田真実さんの著書「売れる販売員の接客ルール なぜあの人はお客様に好かれるのか」(PHP研究所刊)によると、クレーム対応が苦手な人は、真摯で信用できるキャラクターを演じればすんなり対応できてしまうのだとか。いわゆる“キャラクター造形”ですね。

 販売スキルは、適切なものを身につければ確実に上がっていくものです。ぜひ取り組んでみてください。

関連リンク

  • 12/3 7:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます