綾瀬はるか「空港で服を全て脱がされた」!平愛梨はフランスの家で「週2で同じ泥棒」!芸能人の海外ヤバすぎ恐怖体験

拡大画像を見る

 11月28日放送の『ニノさん』(日本テレビ系)で、サッカー日本代表の長友佑都(35)の妻、平愛梨(36)が海外生活中に起きた恐怖体験を告白した。

 平は2017年に長友と結婚し、当時海外を拠点に活動していた長友を支えるべく芸能活動を休止。以後4年間はイタリア、トルコ、フランスの3か国で暮らし、今年9月に長友がFC東京へ復帰したため、平も日本に帰国した。

 進行の麒麟・川島明(42)が「大変やったでしょ、慣れない海外で」と言うと、平は「そうですね。全部違う国だったんで」とうなずき、川島から「いろいろとちょっと、実は事件にも巻き込まれてたみたいで」と振られると、平は「夫が留守中に、泥棒が入ったんですよ。自宅に」と衝撃のコメント。

 それはフランスにいたといのことだといい、「そのとき、オムツ替えをしてて。ピンポーンって鳴ったんですけど、出れなかったんですよ」「で、もう1回ピンポーンって鳴って1回見たんですけど、でももう消えてて。インターホンが」と、そのときの状況を説明。

 平は「“あ、もういないな”って思ってたら、外のお庭に黒幕を着た2人が侵入してて」と、セキュリティが万全なのにもかかわらず、泥棒に入ってきたと明かした。平は慌てて赤ちゃんを抱っこして身を隠しつつ、長友に電話。来客の予定があったかどうか尋ねたが、「いや、誰も来ないよ」と言われ、侵入者がいることを夫に訴えたという。

 長友に「インターホンが鳴った?」と聞かれ、インターホンに出られなかったことを伝えると、それが不在かを確かめるための泥棒の手口だと言われ、長友がすぐに警察に通報。

■同じ泥棒が2度侵入

「そしたら警察官が銃持って、“ヘイ!”みたいな感じでみんながワーって来ちゃったんですよ」と大勢の警察が駆けつけたと平。その日は事なきを得たが、2日後にまた同じ2人組が平の家にやってきたといい、これを聞いた嵐の・二宮和也(38)は「すごいな! ガッツ」と、泥棒の根性にビックリ。

 そのときは、たまたま長友のコーチが自宅を訪れるタイミングで、車のクラクションを鳴らして追い払ったという。当時住んでいたフランスのマルセイユは泥棒や侵入が多い地域だったと説明。川島も「週2で来よったんですか、そいつら」と驚くと、平は「そういうことです」と笑っていた。

 慣れない海外での平の恐怖体験に、視聴者からは「大変だったね」「無事でよかった」という声が上がっていたが、平のように海外で思わぬトラブル見舞われた芸能人は他にもいる。

 斎藤工(40)は、平と同じくフランスで、若い頃に貧乏旅行をしていた際、お金がないため“ヤバいホテル”に宿泊せざるを得なかったが、そこで「ある組織」が金銭トラブルでもめているところにいあわせてしまい、山奥に連れていかれ、自身の墓穴を掘らされたという。結局「ジョーク」だと言われ助かったそうだが、他にもパリで酔った男性に痴漢され、服をビリビリにされた体験もあるという。

 また綾瀬はるか(36)も、2006年にニュージーランドを訪れたところ、空港で身柄を拘束されたことがある。そのとき運悪く、若いアジア女性の密売人がいるという情報があったようで、空港は厳戒態勢。アジア女性へのチェックが強化されており、「女の警官が6人ぐらいいて、もう“全部脱げ”みたいな」「で、全裸になったんですよ」と、後に出演した『ぴったんこカンカン』(TBS系)で明かしていた。

 あらためて、驚かされるタレントたちの海外エピソード。やはり、日本の安全ぶりは際立っているのかもーー。

関連リンク

  • 12/3 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • いち(

    12/3 23:36

    友人がアメリカの空港で複数の警官に銃口を向けられたと話してたな。

記事の無断転載を禁じます