出会いたてが肝心!【本命】になるためのコミュニケーション術

拡大画像を見る

単なる遊び相手ではなく、本気で恋する相手になるためには、出会ってすぐのコミュニケーション術、相手の男性との絡み方がすごく重要です。
本命候補に思ってもらうための出会いたてのコミュニケーション術をぜひ学んでください!


ワンチャンの気配ナシなデート縛り

出会いたては、とにかく安全なデートをしましょう。たとえば、夜集合でいきなりお酒飲みまくりとか、カラオケなど密室で二人きりのデートではなくて、明るくて人もたくさんいるカフェでランチなどをしましょう。
こういうワンチャンの気配ナシなデート縛りをすることで、よこしまな目的を持った男性を事前に防ぎ、あなたが本命である男性のみとデートをすることができます。


無理めなお願いには思い切って「ノー!」

あなたのことを都合よく扱おうとしている男性からうまく距離を置くためには、無理めで強引なお願い、お誘いに対しては思い切って「無理!」と断ることも大事です。
たとえば、出会ったばかりのデートで「終電逃しちゃおうよ」と言ってきたり、なかば雰囲気任せで手を繋いできたりするようなときは、「ごめん、まだそれは早いかな」と礼儀は守りつつ、しっかりと断るのです。
ある程度のかたさを持つことで、あなたのことを良いように扱おうとしている男性をあらかじめ排除することができます。


ゆっくりと進める

あなたのことを本命視してくれる男性を見定めるために、とにかく出会いたてはゆっくり、ゆっくりと関係を進めることです。
デートの頻度もゆっくりでいいですし、LINEも頻繁にしなくて良いのです。時間をかけてじっくり関係を進めようとすることで、「サクッと出会ってサクッとやることやりたい」というチャラい目的の男性を避けつつ、あなたと真剣な関係を築きたい男性を見極めることができますよ。


まとめ

男性の心を覗き込むことができないからこそ、相手の言動からうまくその本心を推測していくことが大事ですね。出会い初期の男性のリトマス試験紙として、今回ご紹介した内容をぜひ活用してくださればと思います。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 12/3 6:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます