【次走】京都2歳S覇者ジャスティンロックは放牧へ 吉岡師「弥生賞から皐月賞を目指したい」

拡大画像を見る

 11月27日の京都2歳Sで優勝したジャスティンロック(牡2、栗東・吉岡辰弥厩舎)は、来春を見据えて放牧に出される。

 「ここでひと息入れればさらに成長すると思うので。ダービーから逆算して、弥生賞から皐月賞を目指したい」と吉岡調教師はコメントしている。

 ジャスティンロックは父リオンディーズ、母フラワーロック、母の父アッミラーレという血統。通算成績は3戦2勝。

 今年9月の2歳新馬戦でデビュー。初戦こそ2着だったが、続く未勝利戦で勝ち上がると、京都2歳Sで重賞初挑戦。5番人気と高い評価ではなかったが、上がり最速の脚で優勝。重賞初制覇を果たしている。

関連リンク

  • 12/2 20:55
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます