お腹ペコペコ……ダイエット中の食欲と上手に付き合うには?

拡大画像を見る

 コロナ太りが悩ましい中、ダイエットをけなげに実践している人もいるかもしれません。ダイエットって、お腹が空いたときに我慢しなければいけないのがツラいところですよね。カロリーや糖質が少ないものを食べるのもいいですが、どうしても避けるべきときはあります。

 そこで、ダイエット中「お腹が空いた……」と思ったときに実践すると“不思議と楽になる”という、次のような対策を行ってみるのがオススメですよ。

■青色を見る

 色彩心理学の分野では、青色には食欲減退効果があるといわれています。しかし、個々の記憶の影響もあり、青色を見るとすぐに食欲がなくなるというわけにはいかないようです。とはいえ、青を見ていると、冷静な気持ちになってくるのは実感できるでしょう。

■砂糖・塩・脂肪を減らす

 砂糖・塩・脂肪は、食欲を刺激するといわれています。そのため、あえてこれらの量を減らす食事をするのもいいでしょう。

■オメガ3脂肪酸を摂る

 心理カウンセラーで過食症アドバイザーの村田芳実さんの著書「過食症かな?とちょっと思ったら最初に読む本」(ごきげんビジネス出版刊)によると、サバやイワシ、サンマなどに多く含まれるオメガ3脂肪酸は、食欲抑制効果が期待できるのだとか。さらに、脂肪を燃焼させる効果や“痩せホルモン”ともいわれるレプチンを分泌させることも。これは積極的に食べたいですね。

 ダイエット中に困ったら、無理のない範囲でこれらを実践してみましょう。

関連リンク

  • 12/2 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます