綾瀬はるか&佐藤健に“熱愛説”が再燃、ホリプロの対応は意外とユルめ!?

 松坂桃李&戸田恵梨香、星野源&新垣結衣、菅田将暉&小松菜奈と、大物カップルが続々と結婚した2021年。次なる大物としてアツい視線が注がれているのが、綾瀬はるかと佐藤健だ。

 11月26日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)では、品川駅の新幹線改札口から出てくる綾瀬と佐藤の姿がスクープされている。傍らにはマネージャーらしき女性もいるのでデートではなさそうだが、これまで何度か恋の噂も浮上している2人ということで、いよいよ本格交際が始まったのかと思わせるには十分な写真でもある。記事によれば、綾瀬は佐藤を「タケちゃん」と呼び、親しげに会話をしていたという。

「TBS系ドラマ『義母と娘のブルース』の新春スペシャルのロケ帰りだったようです。とはいえ、共演者が同じ新幹線で帰ってくるというのは異例ではありますね。新幹線のなかで何らかの打ち合わせをしていた可能性もあるでしょう。あるいは、YouTubeか何かのために新幹線内で動画を回していたということも考えられます。『FRIDAY』のスクープ自体はガチのものでしょうが、結果的にいいドラマの宣伝になっています」(テレビ局関係者)

 綾瀬といえば、2020年夏に韓国人俳優のノ・ミヌとの交際が報じられたことがあった。このときは、綾瀬の所属事務所・ホリプロが強く否定している。

「実際に綾瀬とノ・ミヌが交際していたかどうかは不明ですが、食事などをしたことがあったのは事実です。しかし、交際報道自体がノ・ミヌの“売名行為的”な側面があるのではと一部で疑われていて、ホリプロとしてはしっかりと否定しておきたかったのでしょう。
 一方、佐藤健との報道については、そこまで強く否定していないどころか、軽く黙認しているような空気さえ感じます。ホリプロとしては、綾瀬と佐藤の交際は“アリ”ということなのかもしれません」(同)

 ホリプロといえば、石原さとみ、深田恭子、綾瀬はるかの3人の看板女優が屋台骨だ。そのうち、石原さとみはエリートサラリーマンと結婚し、深田恭子は会社経営者と交際中。残る1人が綾瀬はるかという状況だ。

「石原と深田の結婚相手や交際相手は、いわゆる“お金持ち”であり、一般人からは『結局お金がある男が好きなのか』と、あまりいいイメージを持たれていない側面もあります。だからこそ、ホリプロとしては、綾瀬の結婚相手はとにかくイメージがいい人であってほしいと願っていることでしょう。そういう意味で、佐藤健はベストなお相手。実力に裏打ちされた人気があるし、世代を超えて好感度も高い。綾瀬のお相手として申し分ないでしょう」(芸能事務所関係者)

 ホリプロにとって綾瀬の結婚は、老舗事務所のメンツにかかる一大事でもある。

「松坂桃李&戸田恵梨香、星野源&新垣結衣、菅田将暉&小松菜奈と、大物人気俳優同士の結婚が相次ぐなか、綾瀬がこれらのカップルを超えるインパクトのある結婚をすれば、綾瀬の格もさらに上がるし、ホリプロのメンツも保たれる。しかも、共演経験の多い佐藤が相手なら、双方のファンも祝福してくれそうですし、批判的な反応はほとんどなさそう。ホリプロにとっては、こんなに“完璧なカップル”はないわけです」(同)

 芸能事務所といえば所属タレントの結婚にはナーバスになるものだが、意外や意外、ホリプロの“後押し”で綾瀬と佐藤が結婚する──なんて展開もあるかもしれない。いくら芸能人とはいえ、人の恋愛や結婚を詮索するのはお節介だという意見は、ごもっともだが。

  • 12/2 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ***

    12/6 13:09

    ふーん熱愛ね!結婚でもすれば?ええ歳だし

記事の無断転載を禁じます