相葉雅紀が「嵐の看板に傷」!?『FNS歌謡祭』で『VS魂』メンバーが番組主題歌披露も…「堂々口パク」に視聴者激怒の「2つの事情」!

拡大画像を見る

 嵐の相葉雅紀(38)とフジテレビの永島優美アナウンサー(30)がMCを務める音楽特番『2021FNS歌謡祭』(フジテレビ系)が生放送された。

 番組には和田アキ子(71)、郷ひろみ(66)、松田聖子(59)、浜崎あゆみ(43)、EXILE、LiSA(34)、日向坂46など、幅広い世代に愛されるアーティストが多数出演。

 この日だけのスペシャルコラボによるクリスマスソングメドレーや、とんねるずの木梨憲武(59)扮する「ピンドン・ノリコ」とマツコ・デラックス(49)、ミッツ・マングローブ(46)の熱唱も大きな話題を呼んだ。

「『FNS歌謡祭』では、やはりジャニーズグループのパフォーマンスに注目が集まります。この日はなにわ男子、Sexy Zone、関ジャニ∞が出演し、来年デビュー25周年を迎えるKinKi Kidsが大トリを飾りました」(女性誌ライター)

 さらに、MCの相葉が、キャプテンを務めるバラエティ番組『VS魂』(フジテレビ系)の主題歌『New Again! Again and Again!』を、キャプテン補佐の風間俊介(38)、Sexy Zoneの佐藤勝利(25)、ジャニーズWESTの藤井流星(28)、King&Princeの岸優太(26)、美 少年の浮所飛貴(19)とともに披露した。

■『VS魂』チームの口パクパフォーマンスに「残念」の声

 相葉の発案で動き出した『VS魂』の主題歌プロジェクトは、相葉と藤井がロックバンド・サンボマスターに楽曲制作を直接依頼。11月18日の『VS魂』では、完成した楽曲やレコーディングの模様が放送され、さらに『FNS歌謡祭』に出演することも発表された。

 これに音楽番組への出演は18年ぶりだという風間は口をパクパクさせながら、「ありがとうございます」と絞り出し、まだジャニーズJr.である浮所も「ヤバいっすね。Jr.で『FNS歌謡祭』に出た人って、思い出す限り1人もいないんですよ」とやや困惑した感じも見せたのだった。

 しかし、迎えた本番、風間はアクロバティックなダンスを披露し、浮所もノリノリで6人息の合ったパフォーマンスを見せた。

 番組視聴者からは、「めっちゃくちゃいい歌 これさ、カウコンとかで歌わんの? 相葉ちゃんも風間くんもおらんかな。なにより6人の楽しそうなこと!」「メンバー全員のはっちゃけっぷりもほんとに見ていて元気になるな……!! 新春スペシャルでもパフォーマンスして欲しい!!」といった好評の声が上がっている。

 一方で、「テレビつけたらVS魂だったけど口パクだったね FNSは生歌が良いのに」「VS魂、他のジャニGは生歌やったしここも生歌来るかな〜と思ったのに……口パクか。残念」「昨日のFNS、VS魂のとこ今見てるけど、岸くん可愛い……ひたすらに可愛い……口パク下手だから、岸くんだけ生歌にしてあげて!!!ってなったけど」といったコメントも寄せられている。

■「口パクばっかり」のなにわ男子も生歌披露

 前出の女性誌ライターが続ける。

「『VS魂』のメンバーたちは、番組内で事前に思いっきり煽って『FNS歌謡祭』に出演したわけです。『VS魂』チームが『FNS歌謡祭』に出られたのは相葉さんがMCだからというのも大きいでしょう。他にも出たいというアーティストは当然たくさんいる中で、番組スタートからもうすぐ1年にもかかわらず視聴率の低空飛行が続く『VS魂』の、番宣臭もする“ゴリ押し感”のある出演でもありました。

 にもかかわらず、口パクだったわけです。せっかく出るなら“しっかりと歌ってほしい”と考える人は少なくないはずです。それにこの日、他のジャニーズグループは生歌でパフォーマンスを披露していましたからね」

 11月12日のデビュー以来、出演する音楽番組での歌唱に対し、「口パクばっかり」と指摘されていたなにわ男子だが、『FNS歌謡祭』のパフォーマンスには「なにわ、ラスサビは生歌だったね」「なにわちゃん少しずつだけど生歌になってきたね」といったコメントも寄せられている。

 また、関ジャニ∞に対しては「今日のFNSの関ジャニ歌下手すぎん?」という声もあるが、しっかりと生歌でパフォーマンスしていたということがうかがえる。

「他のジャニーズグループが生歌でパフォーマンスをしようとしている中、『VS魂』チームだけが明らかな口パクで悪目立ちしてしまったんです。

 たしかに、番組派生ユニットでメンバーそれぞれにグループの活動もありますから、練習時間も満足に確保できないという事情はあるのでしょうが……。ただ、今回の件に関しては、番組視聴者、そしてジャニーズファンが“残念”と思う気持ちは、至極当然でしょうね」(前同)

 キャプテンとはいえ相葉にはどうすることもできなかった一件だろうが、嵐の5人でやっていた『VS嵐』から引き継いだ番組『VS魂』関連で味噌をつけてしまった感がある今回のこと。名誉挽回、『VS魂』メンバー6人での生歌パフォーマンスを楽しめる日は訪れるだろうか――。

関連リンク

  • 12/2 11:33
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • イワ

    12/3 11:38

    口パクでも別に問題ないやん、出演者の中には歌姫と評されながらも生歌NGで常に口パクでCDも修正しまくりまくってた奴も居てるくらいやねんから。

  • 嵐は昔から「口パクグループ」だもの。

記事の無断転載を禁じます