ウイイレ2022やBF最新作が大荒れ!? 2021年の大作ゲームがヤバい

拡大画像を見る

 ホリデーシーズンと呼ばれるこの時期に合わせて、各社の大作・注目タイトルが続々と登場しているゲームの世界。2021年も期待の新作がほぼ出揃い始めている。このような大作はグローバル規模での販売を想定して開発計画が組まれ、開発期間は数年単位で巨額の開発費が投じられている。

 だが、今年の大作については明暗がかなりはっきりとしている。

ウイイレ2022は史上最悪のローンチに!?

 サッカーゲームといえば、「FIFA派かウイイレ派」といわれるほどの有名なウイニングイレブンシリーズ。今年から名称を「eFootball」に変更し、新たなスタートを切った。もともとは、日本では「ウイイレ(ウイニングイレブン)」、海外では「Pro Evolution Soccer(通称:PES)」としていた名称を、今年から「eFootball」に統一した経緯だ。

 『eFootball 2022』はスマホゲームでおなじみの基本プレイ無料のゲームスタイルで、今年9月に配信を開始した。だが、配信直後から多数の不具合報告がプレイヤーから相次ぐ事態に。

 こうした事態を受けてか、11月11日にアップデート版のバージョン1.0.0を配信する予定だったのだが、6日前の11月5日に2022年春への延期を発表し、同時にゲーム内アイテムをセットにしたスターターパックの販売を中止することをアナウンス。

 コナミデジタルエンタテインメントの発表によると、「2021年11月11日には、自分だけのオリジナルチームを強化して遊ぶ新モードの搭載や、モバイル端末の対応を含んだアップデートを配信するため、スタッフ一同鋭意制作に取り組んでまいりましたが、様々な部分において、お客様のご期待にお応えできるクオリティでお届けするためには、更なるお時間をいただく必要があるとの判断に至り、この度、配信を延期させていただくことといたしました」とコメント。

 この発表以降もユーザーからの低評価が続き、PCゲーム販売プラットフォームSteamではユーザー評価1.25のスコアで、世界的に最も低評価のゲームとも呼べる「ワーストSteamゲーム」のナンバーワンという結果になっている。

 実名のチームや選手が登場するスポーツゲームは高い人気を誇るジャンルで、その交渉やライセンス料にもかなりの工数やコストが割かれていることは想像できるだけに、この評価は大きなインパクトになっていることが予想される。

 エレクトロニックアーツの看板ゲームの1つ『バトルフィールド』シリーズ。その最新作『バトルフィールド 2042』は、「次世代のFPS」という触れ込みで11月にリリースされた。最新作では近未来を舞台にオンラインプレイにフォーカスした内容で、リリース前に配信されたトレイラーなどでもゲーマーの注目を集めていた期待の大作だった。

 だが、リリース直後から主にゲームシステムや挙動への不満などの不評レビューが続き、すでにその数が3万件を超えている。一部のメディアでは、2021年に出すべきではなかったなどの辛辣な評価も出ているほどだ。

 こうした批判を受け、バトルフィールドのコミュニティーマネージャーは、「これから数週間にわたり、今後の修正点やバランス変更、快適性についての情報をさらに公開していく予定」とコメントを発表。11月24日には、とてつもなく長いアップデートリストを公開し、年内に数回の大規模アップデートを行うことを宣言している。

 リリース直後のSNS上でも不評の声は上がっており、特にゲーム内に登場する乗り物「ホバークラフト」の挙動についての指摘が相次いでおり、ビルの壁を登っていく動画などが投稿されている。中には、「バカゲーとしては楽しめる」「バトルフィールドシリーズは発売日に買うのが間違い」などの投稿もあり、今後のアップデート内容に注目が集まる。

 この2つのタイトル以外でも、11月に発売されたNintendo Switch用『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・パール』でもゲームに大きなインパクトを与える不具合がSNSなどにかなり投稿されており、大規模ゲーム開発の難しさが浮き彫りになっている。いずれのタイトルも今後更新やアップデートが行われるだろうが、これによってゲーマーの評価はどう変わっていくだろうか?

  • 12/2 6:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます