明るみになった『ワタナベ』 の本性 元欅坂46今泉佑唯の苦難とは?

拡大画像を見る

 芸能活動を休止していた、元欅坂46で女優の今泉佑唯(23) が、11月19日開幕した東京・CBGKシブゲキ!!での舞台『 修羅雪姫』で約1年ぶりに女優復帰した。

 今泉といえば今年1月に、YouTuber「ワタナベマホト」こと渡辺摩萌峡との妊娠、婚約を発表。ところが「ワタナベマホト」が3月に児童買春ポルノ禁止法違反疑いで逮捕。さらに過去に元カノに暴力を振るい傷害罪で逮捕されていた前科も明るみとなり、結婚が暗礁に乗り上げていた。

「一時は『ワタナベ』 を心酔して洗脳状態となっていた今泉でしたが、恋の病から解けつつあるようです。『ワタナベ』 と別離する道を選択したことで、周囲が救いの手を差し伸べました。仕事に一生懸命でアイドル時代のイメージから脱却しつつあり人生経験を積んだことで演技に深みが出たと評判にもなっていますよ。復帰に際してさまざまな取材に応じた今泉ですが表情が明るいのが印象的でした。後輩には『 わたしみたいにならないように気を付けてね』とアドバイスしていると言いますから、吹っ切れたのでしょう」(芸能ライター)

 7月には第1子を無事出産した今泉。仕事を本格的に再開させシングルマザーとして幼子を養っていく覚悟を持っているという。

「『ワタナベ』からの生活費や養育費の援助はなく、すべて今泉の収入で子を養っている現状です。夫、父親らしいことは何もせず、自分のことばかりを考えて生活を送っている『ワタナベ』の本性にようやく気づいた様子です。周囲のサポートもあってなんとか再起できそうです」(同)

 オトコに人生を振り回されたつらい日々を乗り越え、 新境地に達した今泉だけにこのまま笑顔で芸能界人生を過ごしてもらいたいものだ。

  • 12/1 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます