「視聴率3冠から陥落間際」日テレにトドメをさす「TBS夕方の女刺客」!「硬派なニュースから全身タイツまでOK」ホラン千秋の「タブーなさすぎパワー」!!

拡大画像を見る

「民放トップの地位を確固たるものにしてきた日本テレビですが、今まさに他局の猛追を受けて、苦しい時期を迎えつつあります」(制作会社関係者)

 今年1月、10年連続で年間個人視聴率3冠王という前例のない記録を成し遂げた日テレだが、人気バラエティ番組が時代の流れに逆らえず、この1年以内に打ち切りになる可能性がある、と11月12日発売の『FRIDAY』(講談社)が報じた。

 日テレの“つまづき”のきっかけとなったのが今年8月にBPO(放送倫理・番組向上機構)の青少年委員会が出した公式見解だという。BPOは「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティ番組」を精査し、審議の対象にしていくことを決めたのだ。

「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティ」として誰もが思い浮かべるのが『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけないシリーズ』だろう。今年はコロナ禍で、例年通りの大掛かりなロケ撮影が困難ということで、日テレは大みそか恒例となっていた『笑ってはいけない』の今年の休止を発表したのだが、BPOが出した見解は今後、同番組にも大きな影響を及ぼしてくるだろう。

 しかし、これは『笑ってはいけない』に限った話ではない。日テレの看板バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』には、ロッチ・中岡創一(43)の「QTube」、いとうあさこ(51)、森三中、おかずクラブらが参加する「イッテQ!温泉同好会」など、痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティ番組が少なくないと『FRIDAY』では指摘している。

「コンプライアンスへの配慮が徹底され、日テレに限らず既存のバラエティ番組は方向転換を迫られています。『イッテQ!』であっても、企画の変更や、また万が一、コンプライアンスに大きく反するような不祥事が起きてしまえば、番組終了となる可能性もゼロではない。人気バラエティ番組が終了となったら視聴率3冠王からの陥落も十分に考えられます。

 ただ、現状では、日テレのバラエティ番組はまだまだ好調です。そしてそれは、実は夕方のニュース番組が絶好調だからだと言われています。夕方のニュース番組は、ゴールデン帯やプライム帯につながる枠として各局で重要な役割を担っているんです」(前出の制作会社関係者)

■1人勝ちの藤井貴彦アナを猛追するのは……

 日テレの夕方は、同局のエース・藤井貴彦アナウンサー(49)がMCを務める『newsevery.』が放送されており、多くの視聴者を獲得している。同番組の平均世帯視聴率は10%を超える日も少なくない。

「『news every.』は同時間帯で断トツの1位。藤井アナの巧みなアナウンス技術、自身の言葉で視聴者に呼びかける姿勢も高い支持を得ていて、番組は“日テレの屋台骨”とも言われています。現状は、『news every.』の1人勝ちですが、唯一、太刀打ちできていると言える番組がある。それが、TBSの『Nスタ』なんです」(前出の制作会社関係者)

『Nスタ』は2010年4月にスタートし、2017年4月から井上貴博アナ(37)がメインキャスターに、ホラン千秋(33)がアシスタントキャスターに就任し、現在まで続いている。

「番組自体はかなり落ち着いたトーンで構成されていますが、ホランさんも昔からずっとそこにいたかのように落ち着きを放っていて、ドンピシャで番組にハマっているんです。井上アナの人気も高く、安住紳一郎アナ(48)の次は井上アナだ、とも言われるほど。ホランさんも、そんな実力派の井上アナの横で負けない輝き、存在感を放っています。

 彼女の、整っていて美しいビジュアルが男性視聴者に人気があるのは間違いありません。ただ、ホランさんは、歯にきぬ着せない発言、飾らない私服姿、無理して作っていない等身大のお弁当など、女性からの好感度を集める側面も多いんですよね」(前同)

 ネットにも、「ホランさんはNスタで悲しい事件の報道の時はホントに悲しい表情をする。眼にその表情がでる。好感が持てる」「最近よくTVで拝見しますよね。遊びがあり真面目な時は真面目! プロ意識が高い方だと思う。さぞ見えない時に努力されていると思います!」といった彼女を高く評価するコメントも多く寄せられている。

「そんなホランさんと井上アナの『Nスタ』は世帯視聴率7%台で、ときには8%に迫る数字を取ることもあり、民放では日テレに続いて2位に位置しています」(同)

■「アナウンサー試験全敗」が培ったホラン千秋の精神

 民放キー局ディレクターは話す。

「ニュース番組のキャスターは硬派であるべきという風潮がありますが、ホランさんはバラエティ番組では笑いに徹してくれるんです。彼女は“キャスターは真剣にやりたいけど、バラエティには全力でいかせてください!”というタイプのようです」

 11月20日放送の『千鳥かまいたちアワー』(日本テレビ系)にゲスト出演したホランは、体のラインもはっきり分かる全身タイツのようなスパイダーマンの衣装を着て登場し、スタジオの笑いを誘った。

「ホランさんはニュース番組のキャスターだからといってバラエティ番組でも決して妥協せずに100%で臨んでくれる。スパイダーマンの衣装は、同じく夕方のニュース番組のキャスターで、フジテレビOGの加藤綾子さん(36)ならきっとやってくれないですよね」(前同)

 ホランは「タブー一切なし」とも言われているという。

「ホランさんがこうした考えに至ったのは、就職時に民放キー局のアナウンサーにすべて落ち、さらにテレビ局の制作の採用試験でも全敗したことが大きいのではないでしょうか。しばらくは不遇の時代が続き、アルバイトなどもしていたそうですからね。

 そこから見返してやろう、何でもやって這い上がってやろう、という思いでここまでやってきた。『Nスタ』のキャスターというポジションを確立した今でも、その精神は健在で、バラエティでも出し惜しみなどせず全力投球だから、さらに人気が出るんでしょうね。

 昨年9月には『バイキングMORE』(フジテレビ系)を卒業しましたが、それまでは坂上忍さん(54)のセクハラまがいのイジりや毒舌にもしっかり対応していましたからね。バラエティでもタブーなし、しかもニュースも読めて、美しい。たしかに、“陰りが見える王者”日テレの“土台”を切り崩せるのは、ホランさんしかいないのかもしれませんね」(同)

 日テレは今、ホラン千秋と『Nスタ』に恐れおののいているのかも!?

関連リンク

  • 12/2 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます