内田有紀46歳「18歳の自分」と奇跡共演!「40代で太くなった」『ドクターX』入浴シーン、CMでも驚異の「顔面・スタイル」不変!

拡大画像を見る

 12月1日発売の40代女性向けファッション誌『STORY』(光文社)の1月号にて、女優の内田有紀(46)が表紙を飾った。女性の俳優が単独で表紙を飾るのは創刊20年目にして初の出来事だという。

「46歳の内田さんが18歳の頃の“有紀ちゃん”の肩を組んでいる、というデザイン。若き日の内田さんの写真は、同社のファッション誌『JJ』94年12月号の表紙を利用しています。違和感のない仕上がりになりましたが、インスタグラムでは“自分の立て看板と肩を組んで微笑んでいる内田”というどこかシュールな撮影風景が紹介されています(笑)」(ファッション誌関係者)

 インスタグラムには、

《創刊20年目にして初、女優による単独表紙を飾ったのは、 #内田有紀 さん。「過去の自分と共演したい」という内田さんのチャレンジングな熱い思いから、なんと当時のJJ表紙の等身大パネルと共演!「自分の妹と撮影しているみたい」というお言葉が印象的でした。》

 とつづられている。

「“自分の娘”ではなく“妹”としているあたりが流石ですね。18歳時代と比べても、まったく美しさが変わらない。ただ本人いわく当時は戸惑いだらけで、“この写真の私は精一杯の笑顔を探しているように見えますね”とのことです。40代ごろから、“経験を重ねて幹が太くなった”とか。

 ちなみにダッフルコートが好きなのは昔から変わらないとしつつも、現在は当時に比べて“心地よさ”を重視するようになったそうです。それにしても、再ブレイクしてからの内田さんの人気は素晴らしいですね」(前同)

 内田は90年代には『カルピスウォーター』のCMや『時をかける少女』(フジテレビ系)などで活躍し、絶大な人気を誇っていた。女性からの人気も高く、トレードマークであるボーイッシュなショートヘアを真似する女子が、かつての「聖子ちゃんカット」のように社会現象になっていたほどだ。

■年を経ても変わらない美しさ

 その後、02年吉岡秀隆(51)との結婚を機に芸能界から引退。05年に吉岡と離婚し、06年に女優としての活動を再開。現在ではテレビ朝日の看板コンテンツとなった米倉涼子(46)主演の人気医療ドラマ『ドクターX』に、12年のシーズン1からフリーランスの麻酔科医・城之内博美として今年のシーズン7までずっと出演し続けている。

「14年のシーズン3以降は大門の事実上の相棒として活躍したり、“城之内の癌を大門たちが治療する”というメイン回があったりと、シーズンを重ねるにつれて、どんどん存在感を発揮しています。役名の大門未知子と城之内博美にちなみ、米倉と内田の2人を“ひろみちこ”と呼ぶ人もいますね。今シーズンの入浴シーンでもセクシーすぎるともっぱらです」(女性誌記者)

『ドクターX』では主人公の米倉が一仕事終えると、銭湯での入浴を楽しむシーンがあるが、内田もしばしば一緒に入る。11月11日放送のシーズン7の第5話では、ゲストキャラの松下奈緒(36)を含めた3人による、超豪華な入浴シーンもあった。

「CMでも、今年スタートした『シュミテクト』や『ソニー損保』のCMを見ていると、驚くほどの美しい顔立ちだけでなく、首元や手にもシアやシミなどまったくない。むしろ20代の頃より力が抜けて表情も柔らかく、美しくなった印象を受けます」(前同)

 そんな内田の人気は数字にも表れていて、今年10月に発表された『タレントパワーランキング』(アーキテクト調べ)では『40代美人女優ランキング』で、井川遥(45)に次ぐ2位を記録していた。

 「過去を自信へと変えてこれからの新しい自分を探して行こうと決めています」と語る内田。これからも、不変の美しさを見せてほしい――。

関連リンク

  • 12/2 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます