全国のサウナ好きに聞いた「サウナにはまる理由」堂々の1位は?

拡大画像を見る

LINEリサーチは、日本全国の男女を対象に、今年の流行語大賞候補にも選ばれ話題になった「ととのう」にちなんで、サウナの好きな人の割合や、サウナの好きなところについて調査し、その結果を発表しました。

■サウナが好きな人は男性61%、女性44%で男性のほうが多い

はじめに、サウナが好きかどうかを聞いたところ、全体では「とても好き」が1割、「どちらかといえば好き」が4割となり、合わせると「サウナが好き」という人の割合は5割超という結果となりました。

男女年代別にみると、「とても好き」「どちらかといえば好き」を合わせた「サウナが好き」な人の割合は、男性が61%で、女性が44%となっており、男性のほうが好きな人の割合が高い結果に。

男女ともに10~30代でやや高めで、特に男性の10~30代では、「サウナが好き」という人が6割超いました。

一方で女性は「どちらかといえば好きではない」「まったく好きではない」を合わせた「好きではない」人の割合が5割超と、好きではない割合のほうがやや高くなっています。

■好きなところ1位は「デトックスになる」

サウナが好きと回答した人に、サウナの好きなところを聞いたところ、全体TOPはダントツで「汗をかく / デトックスになる」で7割強でした。2位以降は、「血行がよくなる」「体が温まる」といった身体に与えるメリットが続きました。

女性は4位「美容にいい」、6位「ダイエットになる」、9位「冷え性が改善される」、10位「むくみが改善される」が10位以内にランクイン。また、これらのメリットに加えて「体が温まる」なども、男性よりも女性で割合が高くなっていました。

近年流行中のサウナですが、精神的にも健康的にもいい効果があると考えている人が多いようです。だんだんと寒さが厳しくなってきましたが、サウナに入って体の芯からあたたまってみてはいかがでしょうか。

■調査概要

・LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査

調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女

実施時期:2021年10月5日~2021年10月7日

有効回収数:5252サンプル

※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック

※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なったりする場合があります

(マイナビウーマン編集部)

関連リンク

  • 12/1 19:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • 違うぞ。全然違うから。 我慢なんか過程に過ぎないんだよ。目的ではない。 目的は水風呂の後で外気浴の最中に『トトノッタ~』を体感する事。 その『トトノイ』には中毒性がある。 薬物中毒は法的にも社会的にもダメだけど脳内麻薬なら誰も文句言えん。 ランナーズハイも同じ。『アドレナリン酔い』なんだよ。

  • あきひろ

    12/3 16:04

    我慢大会ですからね我慢すれば我慢するほど健康に良い。

  • トリトン

    12/3 12:46

    サウナなんか1分も居られないなだから霧サウナに入ってますね。よくもあの糞熱い所に長いこと居られるから感心しますね。

記事の無断転載を禁じます