日テレ『行列のできる相談所』尾崎豊の息子の「最悪ドッキリ」で無駄遣いされた“世界的アーティスト”

拡大画像を見る

 11月28日の『行列のできる相談所』(日本テレビ系)に、かの『15の夜』で知られる尾崎豊の息子で同じくシンガーソングライターの尾崎裕哉(32)が出演。人生初の「ドッキリ」を体験したが、その反応に視聴者から心配の声が出ているという。

「冒頭でフットボールアワーの後藤輝基(47)も“2回目でドッキリは早いで。断らんと!”
と指摘していましたが、尾崎は2か月前の同番組の9月26日放送回が、初バラエティ出演でした。“何も聞かされてなかったんですよ”“台本になかったことをやるんだ!”と、ドッキリ企画なら当然のことを話して後藤にツッコまれていました。

 11月28日の放送回は、尾崎のドッキリ以外は各タレントが番組企画『プロが選ぶ絶頂宿』を終始紹介する内容だっただけに、尾崎への特別感がありましたね」(女性誌記者)

 今回のドッキリに登場したのは、尾崎が父・尾崎豊以外で尊敬しているアーティストでグラミー賞を4度受賞しているイギリスの世界的アーティストエド・シーラン(30)。本来は『行列』名物の「壁破りドッキリ」を予定していたが、コロナ禍で来日が叶わなかったため、「ニセ取材中にモニターのエド・シーラン(静止画)がリアルタイムのリモート映像になる」という形となった。

「尾崎が“キャッチーなメロディが浮かぶ天才ですよね!”などエドを褒めちぎっていたんですが、日本へ来日しようとしたらスキーで骨折して頓挫した件を“やっちまったなアイツ”と、本人が聞いてとは知らずに言ってしまい、エド・シーランになんとも言えない表情をさせてしまいました」(前同)

 画面上のエドは大胆に動いていたものの、モニターの位置が背面だったことや、最新MV『Afterglow』に夢中だったこともあり、尾崎はなかなか気が付かない。最後に「エド・シーランにメッセージをお願いします“」という森圭介アナウンサー(43)の問いかけに「いつか僕と共演してください!」と答えていたところにエドが英語で「ありがとう! そう言ってくれて嬉しいよ!」と話したことで、ネタばらしとなったのだが……。

■「人間ホントびっくりすると、何のリアクションも取れないんだなって思った」

「尾崎は無言でしばらく固まって、少ししてオンラインのシーランの画面を二度見して“おっ!”と一言だけでした。その後に“うわーすごい!”“すごいマジすか!”と驚いたり、口をあんぐり開けたり、森アナに“風呂上りくらい汗かいてる”と指摘されたりしていました。また、ペラペラの英語でエドと会話したり、55億回再生されたシーランの曲『Shape Of You』をコラボセッションしたりと見どころはそれなりにありましたが、ドッキリの肝心かなめであるリアクションが、もう大失敗というレベルの薄さだった、という印象を受けました」(前出の女性誌記者)

 尾崎自身も、収録後に「人間ホントびっくりすると、何のリアクションも取れないんだなって思った」としていたが、

「エド・シーランをあそこまで仕込んでおいて、あの反応では……。ちょっと、本当に無駄遣いに近いのではないでしょうか。制作陣はかなり落ち込んでいるのではないでしょうか」(前同)

 父親譲りの歌唱力は誰もが認めるところだが、バラエティ番組についてはまだまだ、ということか。

「両親が“裕哉”と名付けたのは“バーで呼んでカッコいい名前がいいよね”という理由だった話や、幼少期にアメリカに住んでいた頃は、山でキャンプしてマシュマロを焼いてスモアを作るのが好きだったことを話してフワちゃん(28)に“うちらスモア同盟だね”と意気投合したりそれなりにトークも盛り上がりましたが、このままでは実力不足なのにゴリ押しされている、ととらえられかねない。人柄は良さそうなだけに、頑張って欲しいものです」(前同)

(※スモア…マシュマロとチョコをクラッカーで挟んだお菓子)

 9月28日放送のラジオ『MUSIClock』(InterFM)に出演した尾崎は『行列』について、こう語っていた。

「色とりどりの動物たちの異種格闘技戦だなと思った。すごい勉強になったし、機会があったらまた出たい」「あの番組(でのVTRやエピソードトーク)を通じて、親子の絆を感じました」

『行列』には非常に恩を感じている尾崎裕哉。「一時期だけ話題になった二世タレント」で終わってほしくないところだが……。

関連リンク

  • 12/1 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます