本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感

拡大画像を見る

 フィギュアスケートの本田真凜が出演する「タウンハウジング」の新CMが11月29日から公開。男性視聴者から大絶賛を浴びている。

「CMでは真凜が実際に白のフィギュアスケートのコスチュームを着て、ダンスを披露。振り付けは15分程度で覚えたといい、そのキュートさにネット上では《マジで可愛すぎる!》《まさに天使だわ…ずっと見ていられる》《やっぱり真凜ちゃんも現役引退したら芸能界デビューすべき》などといった声があがっています」(テレビウオッチャー)

 一方、ファンの間で注目を浴びているのが、公開されているメイキング動画での真凜だ。

「共演する女性2人と振り付けの練習をする風景が披露され、そこでの真凜は真っ白なフリースにジンズ姿で、おそらく私服。そのフリースはフワフワな素材のためボディラインが出づらいと思いきや、バスト部分が大きく張り出しているんです。CMでのコスチュームでは胸を押さえるインナーを着用していることが想像され、このメイキングでの膨らみがホンモノと思われます。飛び跳ねて回転するシーンでは激しくタテ揺れする様子も確認でき、かなりのボリューム感であることがわかりますよ」(エンタメ誌ライター)

 そんな真凜は28日、自身のインスタグラムのストーリーズで、妹・望結と背比べする写真を投稿し、こちらも話題となった。

「その写真では真凜と望結が背中合わせに立ち、真凜が望結に身長を抜かされたことを報告しています。ただ、ここでもトレーナー姿の真凜は望結に負けず劣らずのバストの張り出しを見せており、しっかりと成長し続けているようですね」(前出・エンタメ誌ライター)

 すでに20歳になった真凜。妹とともに、どんな大人の女性になるのか楽しみである。

関連リンク

  • 12/1 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます