「顔が揺れてましたよね!」宇野勝が「ヘディング事件」の真相を高橋慶彦に弁明

拡大画像を見る

 主に中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手・宇野勝氏。1984年には日本プロ野球において、遊撃手として初となる本塁打王を獲得。338本は、遊撃手としての通算最多本塁打記録である。

 しかしながら、そんな宇野氏の名前を全国区に押し上げたのは、それらの功績以上に、俗に言われる「宇野ヘディング事件」ではないだろうか…?

 81年8月26日に後楽園球場で開催された「巨人─中日」戦の7回裏、2アウト2塁の場面。中日の先発・星野仙一氏(故人)の投球を、巨人の山本功児氏(故人)が遊撃手後方にポップフライ。宇野氏は捕球の態勢に入りながらも、捕球を失敗し、まるでサッカーのヘディングのように右側頭部を直撃したといった突発事態で、客席は爆笑に包まれたものだ…。

 その宇野氏が、主に広島カープで活躍した元プロ野球選手・高橋慶彦氏のYouTubeチャンネル〈よしひこチャンネル〉に出演(11月26日付け投稿回)。

 当時のエラーを振り返り、「言い訳ですよ!」と前置きしつつ、当時はコンクリートのように硬いカチカチの人工芝、さらにはケン(歯)の立つシューズだったことから、「顔が揺れてましたよね?」と、高橋氏に確認。つまりは飛球を追いかける際に視界がブレて見失ったのだと弁明。思わず白い歯を見せて苦笑する高橋氏に、宇野氏が「ここ笑うところじゃないからね。真剣、真剣」と訴えると、「わかる、わかると、」と同じ遊撃手だったゆえの理解を示していた。

 タレント、みのもんたのコミカルなナレーションでもお馴染み、スポーツバラエティ番組「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」(フジテレビ系)は、前述の宇野氏のエラーがきっかけで放送スタートしたとされているが、宇野氏は、ベストナインを3度受賞するなど、守備面に定評のある選手だったことは付記しておきたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 12/1 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます