稲垣吾郎「ウチにも最強ふたりがいた」ザ・ビートルズの「ジョンとポール」にたとえた「あふれすぎSMAP愛」

拡大画像を見る

 新しい地図の稲垣吾郎(47)が架空のレコード店の店長となって上質な音楽と趣味の話題を届けるラジオ番組『THE TRAD』(TOKYO FM)。11月29日の放送回は、この日がザ・ビートルズのギタリストだったジョージ・ハリスン没後20年の命日だったことから、彼についてのトークが展開。そこで、稲垣がSMAP時代の「あの2人」についてコメントし、反響を呼んでいる。

「ビートルズといえば、やはりジョン・レノンとポール・マッカートニーの圧倒的な才能と存在感を評価する人が多く、ジョージについては“3番手”や“じゃない方”といったイメージもある。しかし、実際は確かな実力と根強い人気を誇っていることを音楽評論家の萩原健太さんが解説していたんですが、ここで稲垣は、SMAP時代は“つとぷ”と呼ばれていた、木村拓哉(49)と中居正広(49)に2人を思わせる発言をしたんです」(女性誌記者)

 ジョンとポールという偉大な2人から多くを学べたものの、どうしてもグループ時代はジョンとポールの楽曲がメインになり、ソロになるまで楽曲の発表の機会が多くはなかった、という話をしていたところで稲垣は、

「私ごとだけど、グループにいた僕としてはよく分かる。ウチにも“最強2人”がいたから。あんまり言うとざわついちゃますけど」「ソロになって羽ばたければいいですけど」

 とコメントしたのだ。ネットは、

《ええそりゃざわつきますとも名前いわなくてもわかるうちって今もその認識ビートルズ話題で思考はSMAPになる#稲垣吾郎 最高吾郎ちゃんには何度救われて来た事かいつも有難う流石SMAPの最終兵器》《生放送でさらっとそんなこと言っちゃう吾郎店長最強です!!》《吾郎店長ーーーーーーまさかビートルズの話題につとぷを乗っけてくるなんて嬉しすぎる》《どっちがジョンなのかな?》

 と、稲垣の予想通りざわついていた。ちなみに、SMAPについては、草なぎ剛(47)と永遠のライバルである江頭2:50(56)はYouTubeチャンネル『エガちゃんねる』で、

「SMAPは日本のビートルズだよ。絶対解散しちゃだめだよ」

 と、話していたことがある。

■SMAP愛の強さで知られている稲垣

「またしても、という感じです。SMAP解散後に新しい地図の3人と中居は互いについてしばしばネタにすることがありますが、木村についてはめったに話題が出てこない。

 しかし、稲垣は隙あらば、という感じで、SMAPや木村の話をブチこんでくるんです。最近では、10月3日の『7.2新しい別の窓(ななにー)』(ABEMA)で、EXITの兼近大樹(30)との会話中にさらっと出していました」(前出の女性誌記者)

 兼近は中居と収録していた番組を中抜けして『ななにー』に参加したことを明かしたのだが、

「不思議な感じ? 元メンバーと違うとこで。みちょぱもそうじゃん。どんな気持ちなのかなってたまに見てて思う時がある」「でも嬉しいよ。結構ほら、やってるじゃん、中居さん“木村さん”とも。観たりするから僕も」

 と、木村の名前を出したのだ。

「96年に脱退してオートレーサーになった森且行選手(47)が1月1日放送の『ななにー』に出演した際も、SMAPメンバーの入所時期を思い出している際に、“木村くんも同じ……かな? 同じ(時期)だよね?”と、発言していましたね」(前同)

 また、今回に限らず『TRAD』はSMAPに関する話題がチラホラと出てくる。19年12月3日には、スガシカオカバー版の『夜空ノムコウ』が流れた際に、

“これは僕らSMAPが1998年1月にリリースして”“今でも覚えていますね。カセットテープでサンプルいただいて、まだ当時カセットだったんですよね。それをかけた瞬間に『この曲は素晴らしいな』って思いましたね。『これは売れるな』って”

 としたほか、今年3月9日にもサカナクションについて語る場面で、SMAPの名前を出しました」(専門誌記者)

■「木村くんが行かないなら、僕も行かない」

 サカナクションはボーカルの山口一郎(40)が作詞作曲を手掛けた『Moment』という曲を、SMAPに提供している。『ロンドンオリンピック2012』の、TBSテーマソングにも選ばれた曲だ。稲垣は、

「僕ら、前SMAPの時も曲を作ってもらったことがあって。あれなんて、やっぱりオリンピックの選手たちを応援ソングみたいな形で僕らは歌ってたわけですから」「まさにそうですね。オーバーグラウンドとアンダーグラウンド」

 とコメントしているのである。

 稲垣はSMAP時代からマイペースなキャラで知られているが、木村と稲垣との間には、熱い友情を感じさせるエピソードが多数ある。「吾郎をオーディションに連れてきた実姉がピンと来てサインをお願いしたのがキムタクだった」というエピソードなども有名だ。

「泣かせる話としては、木村がジュニア時代に某先輩にいじめられていた時期、“木村以外のSMAP、メシ行くぞ”と言われ気まずい空気が流れた際、稲垣が“木村くんが行かないなら、僕も行かない”と真っ先に口を開いたといいます。

 昨年12月14日の『Nスタ』(TBS系)でもSMAPを“僕の人生そのものですよね。いまもそう思ってますし”“僕のすべてですね。こういう形(解散)になってしまいましたけど、絶対に一生忘れないことだし”と熱く語っている。稲垣は、本当にいまもSMAPを強く思っていることが伝わってきます」(前同)

 ジョン・レノンとポール・マッカートニー。稲垣にとってのそれは、木村と中居なのだろうーー。

関連リンク

  • 12/1 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます