「女性だから」という理由で始業1時間前から掃除 男尊女卑がひどすぎる職場

拡大画像を見る

企業で働く中で、「女性」という性別によって不当な扱いを受けていると感じている人は少なくない。キャリコネニュースに寄せられた、性別による決めつけに悩む読者からの声を紹介する。(文:コティマム)

キャリコネニュースではジェンダーギャップをテーマにしたアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/ZYVZFJ4M

「男性は何もやらずとっとと帰っており不公平」


静岡県の30代女性(事務・管理/正社員/年収250万円)は、過去に勤めていた会社で女性社員の雑用に対して意見したことがあるという。

「仕事で『女性だから』って理由で、朝と夕方の掃除、全社員へのお茶だしをさせられてました。朝は始業時間の1時間前、帰りは終わってから15分程かけて。その間男性は何もやらず、帰りは私たちが掃除していても自分たちはとっとと帰っており、それは不公平でした。入社したての頃に『男性にもやってもらえばもっと早く終わるし、性別で仕事を分けるのは不便では?』と言ったら、私は”おかしい人”扱いをされました」

掃除やお茶だしは「女性がやるもの」と考えている人が多い職場では、女性が疑問を感じてしまうことすら理解できないのかもしれない。女性はその後転職した。

「訳の分からない人たちと一緒にいるのはキツい、と感じました。今は他の会社で男女区別なく掃除はできているのでよかったです」

「女性活躍推進委員会はあるのに女性は昇格試験すら受けられない」

昇進しない仕事や、業務とは関係のない雑用を「女性社員の担当」と無意識に決めている会社も、いまだに多く存在するようだ。

「会社で女性は管理職になれない。古い体質の会社のため『女性は事務仕事』と決めつけて、昇格試験すら受けられない現状。女性活躍推進委員会というものがあるが、実情は女性が活躍する場を設けてもらえていない」(東京都/30代女性/事務・管理/正社員/年収350万円)

「女子社員だけで毎日の社内の掃除、来客時や社員へのお茶出し、コピー。自分でできるはずであろう雑用まで言いつけられる」(広島県/40代女性/事務・管理/正社員/年収250万円)

女性の就職や共働きが当たり前になった現代でも、「男性は外で働き、女性は家庭に入る」という考え方は根強いのかもしれない。

関連リンク

  • 11/29 19:26
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

10
  • エッコ

    12/2 12:40

    →企業はレディースデイと称して商品を売り込む事で何倍にも集客効果あるから商戦として効果高いからやってるのに(笑) その他女性用の物事にはやってる側の利点が必ずある。女性ではなく、企業や提案する側の利益を考えた付加価値なのは、社会人経験あれば分かる知識なのに、それを「優遇」されてるとか被害者意識って(笑) 私の周りの男性はそういう事分かってる男性しか居ないから、理解出来ない人間居る事自体驚きだなぁ!

  • エッコ

    12/2 12:34

    レディースデイを「優遇」とか勘違いしてるのって流石に頭悪過ぎ。こんなの行動心理を使った企業の商業戦略なのに(笑)女を客としてき引き込む事で連れの男性も客に出来るからその時点で客2倍。まぁ連れの居ない男には理解不能だろうが。女は男と違い集団行動するから女を客に呼び込めば連れを何人でも増やせる。女は情報拡散力強いから、女が客になればその分タダで勝手に宣伝してくれる。→

  • 女性への優遇はどうなのかなあ?

記事の無断転載を禁じます