「日本ならまずないだろうな」 海外の威圧感を覚える接客 しかし?

拡大画像を見る

世界各地を旅行し、旅先での体験談を漫画で描いている、漫画家の五箇野人(@gokayajin)さん。

海外で出会った人たちとのエピソードをブログやTwitterへ投稿しています。

『海外観光地の日本との接客の差』

海外からの観光客や、日本在住の外国人が日本で驚くことの1つに、日本人店員の接客態度がよくあがります。

『おもてなし』の心を感じる丁寧な接客は、外国人からしてみれば新鮮に感じられるのだそう。

では、海外ではどんな接客を受けることがあるのでしょうか…。

海外の有名観光地を訪れた際の、五箇野人さんのエピソードをご紹介します。

威圧感を覚える警備員の対応に、萎縮してしまった五箇野人さん。

「日本ならまずないだろうな」と、しょんぼりとその場を後にしようとしたところ、警備員に呼び止められます。

一体何をいわれるのかと、焦っていたところ…。

明日は朝からオープンしてる。待ってるからな!

乱暴なんだか、優しいんだか…!

接客は丁寧であればいいというわけではありません。こうしたフランクな接客も、時には親しみやすさが感じられるものです。

少なくとも、五箇野人さんは、「待ってるから」と伝えてきた警備員の接客に好感を覚えた様子。

このエピソードには共感の声や、海外と日本の接客の違いに驚く声など、さまざまな反応が寄せられています。

・海外の接客って場所や店によるだろうけど、その人の性格のまま、相手に必要なサービスを適切にするって感じですよね。

・「待ってるからな!」にキュンとする。

・ぶっきらぼうながらも、優しさのある紳士にグッときます!

日本で暮らしていると、丁寧で親切な接客に慣れてしまい、もはや『当たり前』のような感覚におちいってしまいそうになります。

もちろん、丁寧な接客は客側としては気持ちがいいもの。

しかし、本当に大切なのは、相手を思う心なのかもしれません。客と店員という立場に関係なく、相手を思いやる気持ちを欠かさないでいたいですね。

五箇野人さんの世界旅行漫画が発売中!

五箇野人さんのブログには、旅での面白いエピソードが多数公開されています。

五箇野人の海外旅日記

また、単行本『世界歩いてるとドープな人にカラまれる』『#世界#映え殺し#ツアーズ』『つかれたときに読む海外旅日記』も発売中。

2021年11月には、新刊となる『続・つかれたときに読む海外旅日記』が発売されました。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

つかれたときに読む海外旅日記 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

つかれたときに読む海外旅日記 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

五箇野人
1,045円(10/07 06:19時点)
発売日: 2020/12/11
Amazonの情報を掲載しています
世界歩いてるとドープな人にカラまれる(2) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

世界歩いてるとドープな人にカラまれる(2) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

五箇野人
1,210円(10/06 19:33時点)
発売日: 2020/07/10
Amazonの情報を掲載しています
世界歩いてるとドープな人にカラまれる(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

世界歩いてるとドープな人にカラまれる(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

五箇野人
1,210円(10/07 04:05時点)
発売日: 2019/09/12
Amazonの情報を掲載しています
#世界#映え殺し#ツアーズ(2) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

#世界#映え殺し#ツアーズ(2) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

五箇野人
1,210円(10/07 07:14時点)
発売日: 2020/07/10
Amazonの情報を掲載しています
#世界#映え殺し#ツアーズ (1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

#世界#映え殺し#ツアーズ (1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

五箇野人
1,210円(10/06 18:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

[文・構成/grape編集部]

出典 @gokayajin

関連リンク

  • 11/29 13:26
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます