「会社の犬ですよね!犬!」 周囲から馬鹿にされる上司の下で働いていた男性

拡大画像を見る

会社員生活を送る上で上司との相性は極めて重要だ。今回は上司の言動が原因で辞職した、技術職30代男性の体験談を紹介する。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースではアンケート「会社をやめようと思ったエピソード」を実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/EYERWBZ9

「定時で帰ろうとすると怒るタイプだったのでやめようと思った」

男性は自身の体験をこのように語る。

「無能系時間拘束型上司で特にやることもないので定時で帰ろうとすると怒るタイプだったのでやめようと思った」

その上司は「別の従業員から『○○さんは会社の犬ですよね!犬!』と面と向かって馬鹿にされるくらい会社に尽くしていた」という。かなり長時間働き、部下にもそれを強要するタイプだったと思われる。

ただ、そこまで尽くしていたからか、会社からは評価されていたようだ。その上司は上場時には相当数の株をもらえることになっていたという。

しかし、「いざ上場というときに架空売上が発覚して新規上場の承認取り消し」という残念な事態に。男性は「一通り茶番を楽しんでから辞めました」と投稿を締めくくった。

関連リンク

  • 11/29 12:10
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 観音寺六角

    11/29 19:19

    残業は100時間普通で若い連中は定時で帰るアホだらけ😱辞めたけど。今は出来高なので時間は自由😁なのにリミッターが無いので体重落ちた😶

  • トリトン

    11/29 13:34

    おべっか使う奴は嫌いだなヘドが出る。自分は部下としての命令は聞いたがおべっかなんかしなかったな、アホの社員のために代わりに残業させられ巻くったとき、ムカついたら定時て帰ったら社長の呼ばれて怒られたときも反論してたら不問になった。あまりにも理不尽だからねり、朝は障碍者の為に1時間早くでてアホの社員のために2時間残業だからな。

  • 不正はダメだね。

記事の無断転載を禁じます