紗栄子が語る「養育費に手をつけたくなかった」ワケに「カッコいい!」の賛辞

拡大画像を見る

 モデルでタレントの紗栄子が11月24日放送の「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演し、シングルマザーとしてのプライドをうかがわせる場面があった。

 紗栄子は2007年にプロ野球選手のダルビッシュ有と結婚し、2児をもうけるも、2012年1月に離婚が成立。その後は、ZOZO前代表の前澤友作氏との交際・破局を経て、2017年より活動の拠点を英国・ロンドンに移し、2人の子供は現地の寄宿学校へ入学していた。

 しかし、ロンドンでの日々について、紗栄子は「3カ月くらいしたら、ちょっと寂しくなっちゃったり」と振り返り、「仕事もどうしようって。その時は、ある程度辞める覚悟でイギリスに行ったんですけど、子供たちが自分たちの世界で新しく頑張ってるのに、私は何をしてるんだろうって。私が社会との関わりを見せるには、自分の背中でしか子供には見せられないので、片親なので。もう1回ちゃんと働こうって思ったのも、結構早い時期に思いました」と考え直すようになったという。

 2020年春にはエイベックス・マネジメントとの契約も満了し、個人事務所にて自身のマネジメントを行う紗栄子。また、栃木県の那須にて牧場経営をスタートさせるなど、現在は実業家としての活動がメインとなっていることについて、「私は切羽詰まって、それを選んだっていう。食べさせていかなきゃいけなかったんで、2人を。自分が何を言われようが働いて、絶対自分の手で育て上げるって頑なになっちゃってた時があった」という。

 主に経済面での意地があったようで、紗栄子は「当たり前にちゃんと養育費は支払われるって決められているんですけど、そこには私は絶対に手をつけたくないとか。別に子供たちが受ける物だからいいのに‥‥そこで学費とか出せばよかったんですけど。頑なに自分で出したかったんですよね。躍起になっちゃってたというか、それが母親としてのプライドだったんですよね」と、子供の学費は何としても自分のお金で払いたかったと回想。「可愛げがなくて、辛いって言えばよかったのに。カッコつけちゃったりとかして、それがまた誤解を招いたりしちゃってた」と語っている。

「紗栄子については、かねてより高額な養育費ばかりが報じられ、彼女にもその金額に関するヤジや、『ヒトのお金で生活している』との見方があったのも事実です。そうした世間からの声が紗栄子の原動力につながり、力強い覚悟を持った母親へと成長することになったのかもしれません。

 ネットでは、シングルマザーとしての素直な想いを述べた彼女に対し、『私も気持ちよくわかる』『この人はなんだかんだ批判されてるけど凄いと思う。才能があるんだろうなぁ、羨ましいです』『一旦仕事を辞めて海外に行ったのに、またすぐにビジネスをやれるってのはかなりの商才だと思う。その上、子育てだけじゃなくて福祉活動もしてるし。すごくかっこいいと思います』『ママかっこいいね!』『紗栄子さん、頑張りましたね』などの反応が集まり、そのプライドに共感する人も多かったです。

 もちろん、養育費を受け取ることは正当な権利ですが、紗栄子のように、子供の学費だけは何としても自分のお金で払いたいという強い思いを抱く心情も理解できますね」(テレビ誌ライター)

 紗栄子は2017年10月放送の「ダウンタウンなう 2時間SP」(フジテレビ系)に出演した際、“ヒトのお金で生きている女”とのレッテルを貼られることに対して「自分でもちゃんと稼いでる」と反論。10代の頃からアパレル通販を始め、坂上忍からの「年商は億いってるでしょ?」との質問に静かに頷いていた。

 若くからビジネスのセンスに長けており、ほかの男性に頼る必要など、そもそもなかったのかもしれない。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 11/29 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます