吉田栄作、内山理名との再婚で議論される「実年齢52歳より老けて見えるかどうか」

拡大画像を見る

 11月21日に内山理名との再婚を発表した吉田栄作。2人は2017年11月6日放送の単発ドラマ「今野敏サスペンス 『確証~警視庁捜査三課』」(TBS系)で共演したことをきっかけに交際へと発展。吉田は1997年にモデルの平子理沙と結婚。2015年12月に離婚していた。2人はそれぞれのインスタグラムで仲睦まじく寄り添う写真を投稿。ネット上には祝福の声があがっている。

「そんな声に交じり、現在52歳の吉田に対して『実年齢より老けて見えるかどうか』が議論されているようです。吉田は2011年12月公開の映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』で実在した三和義勇をモデルにした聯合艦隊作戦参謀・三宅義勇を演じるために髪を短くした頃から『実年齢より老けている』『おじさんと言うよりおじいちゃん』などとネット上で言われるようになりました。

 その頃から10年経った今、再婚報道のために各所で使われている写真に対しても、吉田と同い年の福山雅治や及川光博、ホリケンこと堀内健や加藤浩次と比較され、『圧倒的に老けている』と指摘する声があがっています」(女性誌記者)

 見た目がどうあれ、内山という伴侶を見つけた吉田が幸せであることは明白だろう。

関連リンク

  • 11/29 7:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ***

    11/30 19:02

    歳相応ですわ

記事の無断転載を禁じます