日本ハム;新庄剛志新監督、元同僚・岩本勉が語る「アホか天才か」宇宙人伝説10連発

拡大画像を見る

 10月4日、白い大きな襟のシャツにワインレッドのスーツという、ド派手な姿で就任会見に現れたのは、日本ハム・新庄剛志新監督(49)。

「優勝なんて目指しません!」「(監督ではなく)ビッグボスと呼んで」など、“宇宙人”とも称された現役時代と変わらない仰天発言を連発し、早くも話題となっている。

 10年にわたって指揮を執った栗山英樹監督が勇退、新庄監督&稲葉篤紀GMという新体制で日本ハムは来季、捲土重来を期すことになった。新庄監督のかつてのチームメイトで、盟友でもある岩本勉氏はこう話す。

「会見の席上で、かすかに手が震えていたのを僕は見逃しませんでした。おそらく、彼なりに緊張や遠慮もあったんでしょう。ただ彼は、ハッタリから言霊を生める男。賛否の“否”が今回、ほとんど聞こえてこないのも、それだけ、彼という存在に、説得力がある証拠です」

 思えば、2003年オフの日本ハム入団会見でも、「球場を満員にする」「日本一にする」などと公言し、その後3年で見事に実現。

 翌04年の球宴第2戦では、「MVPは僕のもの」と予告して、初の単独本盗に成功。「これからはパ・リーグ」との名言も残している。だが、けっして単なるパフォーマンス男ではないという。

「あのホームスチールもそうですが、彼はまさに“ミスター根回し”。ドームの天井から降りてくる派手なパフォーマンスも、施設との交渉から消防法の確認まで、全部をクリアしたうえで実現させたことですしね。彼ほど気遣いのできる人間は、そういませんよ」(前同)

■阪神時代に巨人戦でやってのけた敬遠球サヨナラヒット

 阪神時代の1999年、巨人戦でやってのけた“敬遠球サヨナラヒット”もまた、同様だった。

「あのときは、同じく敬遠球を打って本塁打にした経験を持つ柏原純一コーチと、事前に打ち合わせ済みだった。野村克也監督も、これを了承し、“打て”のサインを出していたんです」(元在阪スポーツ紙記者)

 同年春に、その野村監督がブチ上げた“二刀流プラン”も大きな話題となった。

 結局、この計画はオープン戦2試合で潰つ いえたが、実現していれば“大谷翔平フィーバー”を20年以上も先取りする快挙でもあった。

「あの年、キャンプ地の高知・安芸には、新庄見たさに異例の観客が詰めかけた。今の彼の“原点”は、仕掛けた演出の費用対効果を体感したあのときだったはず。今回の就任会見も見事な“新庄劇場”で各メディアが大きく報じ、広告費換算は約105億円と試算されています。日ハムからしたら、もう元を取ったのでは(笑)」(前同)

 だが、新庄監督が発する陽気な言葉の裏には、人一倍の厳しさも潜むと、前出の岩本氏は指摘する。

「田中幸雄さんと塁上で抱き合ったせいで、サヨナラ満塁アーチが安打になった2004年のお立ち台。“今日のヒーローは僕じゃありません。みんなです!”と叫んだあの言葉が、彼という男を最も体現していると、僕は思っています。彼は、ああ見えて努力の人。彼の言う“楽しむ”努力を怠る人間には、一切の容赦をしないはずですよ」

 “宇宙人・新庄剛志伝説”の第2章が来年、幕を開ける。

■まだある! 新庄剛志「宇宙人伝説」

23歳で突然の引退宣言! 1995年のオフ、球団との契約交渉後の記者会見で「野球に対するセンスがないから辞めたい」と現役引退を宣言。2日後、宣言を撤回した。

日本人選手初のMLB記録 2001年にニューヨーク・メッツに移籍し、03年までMLBで活躍。日本人選手として初めてとなるワールドシリーズ出場や満塁本塁打を記録した。

鉛筆を転がして1000万円獲得 04年、『クイズ$ミリオネア』(フジテレビ系)に出演。鉛筆転がしを駆使し、見事に全問正解。賞金1000万円は、球団に全額寄付したそうだ。

美容代に累計3000万円以上「自分の顔に飽きて、変えたかった」と美容整形手術を複数回、経験。自慢の真っ白なインプラントの歯には、総額2000万円かかったという。

関連リンク

  • 11/28 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます