『相棒』“自主卒業”反町隆史はやっぱり「クビ」!?テレ朝の帝王・水谷豊の「恐怖政治」と米倉涼子『ドクターX』への焦り!

拡大画像を見る

 水谷豊(69)主演の大人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)で、反町隆史(47)が2022年3月まで放送される『season20』をもって番組を降板することになった。

 反町は、2015年10月に始まった『season14』から約7年にわたって水谷演じる杉下右京の相棒・冠城亘を務めてきた。11月24日放送の第7話で歴代の相棒で最多記録となる125回出演の金字塔まで打ち立てている。

 反町の卒業には、「これからも水谷豊さんと反町隆史さんの名コンビで見れると思っていたのに残念です」など惜しむ声がネットに殺到していたが、今回の発表については、“疑問の声“も聞こえてくる。

「11月24日付のテレビ朝日のオウンドメディア『テレ朝POST』によると、撮影開始に先立って行なわれた、番組サイドと反町さんサイドの話し合いの中で、反町さんの方から卒業の意向が示されたといいます。

 ただ、反町さんから卒業を切り出したというのには相当な疑問の声が上がっていますよ。反町さんは、このところ『相棒』の仕事を何よりも大事にしていたそうですからね。なんなら、“『相棒』だけやっていたい”という意向だったとも聞こえてきています。

 テレビ朝日を代表する一流ドラマの『相棒』に出演していることは、役者としてのイメージを押し上げる効果が抜群で、それにより広告案件も入ってくる。毎年2クールある『相棒』と広告の仕事をこなすだけで、収入面も十分だったとささやかれています。さらに、水谷さんとの関係も良好でなんの問題もなかった。そんな反町さんが自分から辞めるとはとても信じがたい。

 やはり、水谷さんの意向で、反町さんが降板となった、との見方が強いですね」(芸能プロ関係者)

■「テレ朝の帝王」水谷が持つ“超強力人事権”

 2000年6月から始まった長寿ドラマ『相棒』に主演する水谷は、強大な力を持っているという。

「単発放送時代も含めて20年以上も続く人気シリーズの『相棒』で長らく主演を張り、同作品をテレビ朝日を代表するコンテンツに育て上げた水谷さんは“テレ朝の帝王”と呼ばれるほどの存在。『相棒』でもチーフプロデューサーよりも強い権限を持っていると言われています。

 その昔、『相棒』の脚本陣で重要な役割を担っていた脚本家が、水谷さんの気に障るようなことをしてしまったといいます。制作上でその脚本家は欠かせないのに、水谷さんの“あいつはいらないね”の一声でその脚本家は外れてしまったことがあったそうです。それほど強力な人事権を水谷さんは持っているといいますね」(前出の芸能プロ関係者)

 過去に杉下の相棒を務めたのは、寺脇康文(59)、及川光博(52)、成宮寛貴(39)、そして反町の4人。

「さまざまなメディアで報じられていますが、寺脇さんは水谷さんとの関係が悪化し降板したようですが、及川さんと成宮さんに関しては作品の新陳代謝を促すために降りることになったといいます。これも水谷さんの意向が強く働いたといいますよ」(ドラマ制作会社関係者)

■主演の水谷は「視聴率の鬼」

 前出の制作会社関係者は続ける。

「水谷さんは、ドラマの視聴率を非常に気にしているそうです。今作の『相棒』は10月13日放送の初回で世帯視聴率15.2%を獲得すると、以降も2ケタ台中盤を維持し続けていて何も問題はにないようにも見えます。

 しかし、昨今のテレビ各局が重視しているコア視聴率では2%台前半。同じテレビ朝日で放送されている米倉涼子さん(46)主演のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の半分ほどしか取れていないんです。『相棒』は完全にシニア層の視聴者がメインになってしまっており、コア視聴率で米倉さんの『ドクターX』に完敗してしまっているような現在の状況を、水谷さんは見過ごすことができなかったのでは、とささやかれていますね」

 反町の降板にあたって水谷は、「思った以上にソリは冠城亘をスタイリッシュにチャーミングに作り上げていきました。ソリで良かった、シーズン中何度も思った事です」とのコメントを寄せている。

「水谷さんは、真面目で演技に対しても真摯で、かつ後輩気質で気配りもできる反町さんのことを非常に気に入っていたといいます。ただ、ドラマの視聴率の現状から目をそらすことはできない。このままだと『相棒』がジリ貧になってしまうと危惧した水谷さんが、作品の新陳代謝のため、お気に入りである反町さんを、泣く泣く切らざるをえなかったのでは、と見られていますね」(前同)

 ドラマのため、全力を注ぐ水谷の情熱は不変。また新しい相棒とのストーリーを見せてくれるはずだ。

関連リンク

  • 11/28 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • まる☆

    11/30 9:33

    また出た。マスゴミの水谷叩き。ネタが無いとこの手の記事が出てくる。訴えても良いんじゃないのかな

  • 視聴率=面白いではないのにね。プレイヤー少ないけどずっと続いてるアプリみたいに、固定で課金してくれる(Blu-rayやグッズ買ってくれる)ファンがつけばOK。途中から相棒つまんなくなったのはやっぱり脚本悪いからか…。面白い!って思う回の脚本家さん消えてから、というか亀山さんいなくなってから見てない。見ても数分で消す。水谷さんも自分の力だけで相棒作ってる訳じゃないんだからある程度は妥協しなきゃね

  • トリトン

    11/28 12:31

    反町好きだったのにな残念やはり古株はだんだん腐っていくな水谷豊なんか初めの情けない糞演技(若者てソープにいって金がなくて慌てたりとか)だったのに偉そうにもはや老害だね。

記事の無断転載を禁じます