日テレ『イッテQ』またも深刻不協和音!イモトの産休に微笑み男・みやぞんの意外すぎる「クレーム爆弾」

拡大画像を見る

 11月21日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)はANZEN漫才のみやぞん(36)が腹話術師のいっこく堂(58)に弟子入りし、完ぺきな腹話術を習得する企画「世界の果てまでイッタっきり in 東京都・長崎県」が放送された。挑戦前から鉄板ネタ「あれ、声が、遅れて、聞こえてくるよ?」をマスターしていたりと、期待させてくれたみやぞんだったが、意外な形で番組に対する「本音」を見せたという。

「冒頭から、9月25日放送回のヴァイオリンをスタジオ生演奏する企画で失敗したトラウマから“スタジオ披露だけはやめて”“何の挑戦もしたくない”と冗談半分で話していましたが、レッスン2日目にメガネの物知りそうな顔をしたパペット人形“しりぞんくん”を購入したところから、みやぞんのどす黒い本音が見え隠れする事態になりました」(女性誌記者)

 みやぞんはさっそく、いっこく堂の前で腹話術を披露したのだが、

「1日何時間も収録したって、使われるの50秒くらいなんでしょ?」

「闘牛のあのロケだって、23日間行って、オンエア23分だったらしいじゃん。1日1分だよね。ハハッ」

 と、まさかの番組に関する不満をカミングアウト。腹話術にあたって、いつもと声色を変えていたことも相まって、妙に不貞腐れたような、投げやりな声になっているのが笑いに拍車をかけた。

「“秋”をテーマに1ネタ披露したあと“口動いてますよね?”と話すディレクターに“あのディレクターうるせえな”“呪いかけた”と毒づく場面もあった。そのたびにみやぞんが“そういうこと言わないの”となだめる芸でしたが、ふだんが笑顔で温厚な性格のみやぞんが喋ってると思うと、実に怖いですね(笑)」(前同)

■「あぁ、分かったよ。早く終わらせろ早く」と毒も

 準備が遅いカメラマンに「回った? カメラ回った?」「早く回して」「何やんの? 早く」と急かしたうえ、腕をぐるぐる回して急かそうとする動きをみやぞんが「巻かないの!」と注意すると「あぁ、分かったよ。早く終わらせろ早く」と、人形は相変わらず不愛想に返していた。

 みやぞんいわく「不思議なもんで、(僕自身は)まったく思ってない」そうだが、ふだん抑圧された隠れた本音が漏れ出ていたのかもしれない。

「その後、合宿先の長崎県壱岐市で海女さんとウニやアワビを捕獲する企画を行ったんですが、海女さんにオススメされたアワビのツノワタ(内臓)がどうしても口に合わず、“これはうまい……これはね……”と必死に食レポしようとするも無理でティッシュに出してしまう場面がありました。これについても、後日の腹話術で“しりぞんくん”が本音を吐露していました」(専門誌記者)

 みやぞんは「本当に、ああ見えても美味しかったんですよ」とフォローしたが、

「生臭かったんだろ?」「あのな、“好きな人は好き”とか、“ツウ(食通)はこれだ”とか、よく言うだろ。でもあれってよ、元のヤツよりうまいことは絶対にないよな!」

「サンマのハラワタだけを集められてテーブルに出されたら、嬉しいか?」

「(“好き”というみやぞんの返しに睨みつけて)……ウソつけ」 

 と、やはり毒のあるコメントをしていた。

《そうか、いつも人がいいみやぞんだけど、腹話術使えば貴重なみやぞんの毒が聞けるのか。》《しりぞんさんの、何気にダーティな発言がみやぞんとはほど遠くて笑っちゃいました》《しりぞん君が本音を言っていて草wwww》

 と、この企画は大好評だったが、同時に常に笑顔でいるみやぞんの、スタッフや『イッテQ』にため込んでいた不満もよく分かる内容だった。

■ツイッターでは金言を語るみやぞん

「放送の最後には、かねてより妊娠が発表されていたイモトアヤコ(35)がいよいよ産休に入ることが告知されました。来月に男の子を出産して、戻ってくるそうです。コロナ禍で海外ロケができない現状でイモトの離脱は痛いですが、おめでたいことでもあるので前向きにとらえたいものです。

 ただ、みやぞんについては、今回覗かせた本音を教訓にスタッフは待遇を改善して欲しいものです」(前出の女性誌記者)

 いつもニコニコした笑顔を絶やさないことで知られるみやぞん。最近では11月25日にはツイッターで、

《どんなに正論を語っても誰かは納得しないんです

 世の中に皆んなが納得する正解は無いんです!どうせ無いなら人の顔色伺わず自分の人生自分の正解をだして生きる方が気楽でより幸せになれると思う!あなたに合わせて作った僕のお弁当は貴方には良いけど誰かは嫌いなお弁当!ならば自分好みのお弁当で勝負》

 という金言を投稿しているほか、これまでも、

《相手は変わらないよ こっちが気にして寝れなくても相手は寝てる せっかくの人生嫌な人の事を思って生きてもしゃーないよ 向こうはあなたにしたこと忘れてる こっちが変わるのよ 幸せな人間は相手傷つけたいと思わない、だからその人に幸せになって欲しいと上に立つ 強気だよ》

 と、ツイッターで深い言葉をつづっている。

「そうした人格者だけに、『イッテQ』でも、コロナ禍でこれまで以上に頑張って番組を助けようという熱意があるのでしょう。無茶をしがちな本音が、今回の服話術で出たのかもしれませんね」(前同)

『イッテQ』には、みやぞんを労る企画をやってほしいものだーー。

関連リンク

  • 11/28 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます