輪ゴムやクリップなしでも大丈夫!砂糖を袋ごと保存する便利な方法

拡大画像を見る

煮物やスイーツなど、さまざまな料理に使われる砂糖。日常的に使用する調味料として、欠かせない存在です。

砂糖は保存する際、密閉容器に移し替えるのが望ましいとされています。しかし、そのまま袋ごと保存している人も多いでしょう。

そこで今回は、輪ゴムやクリップを使わずに保存する便利な方法を紹介します。

用意するものは、ハサミと保存袋です。

まず、砂糖が入った袋の上部を、真ん中付近まで横にハサミで切ります。

そして、開いている口を閉じ、切り取った部分を紐のようにぐるりと巻きつけます。

最後に、紐状の先端を隙間に差し込めば完了です。

ここでのポイントは、ハサミを入れる位置。袋の上部をギリギリで切ってしまうと、巻いている途中で切れてしまう場合もあります。

袋を切る際は、上部から2cm程度下を切るようにするといいかもしれません。

砂糖は、常温保存が可能です。しかし、袋ごと保存する場合、そのまま置いておくのは避けましょう。

砂糖の袋には目に見えない穴が空いている可能性もあり、そこからにおいや湿気が入りこんでしまうおそれも…。

袋のまま封をした場合は、さらにファスナー付き保存袋に入れておくのがおすすめです。

この方法は、輪ゴムやクリップを用意する必要がないので、とっても便利です。

この保存方法は、米や塩などでも使えますよ。

[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 11/28 4:30
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • いち(

    11/28 7:42

    一番上の画像の新品状態で、上から2cmをハサミでカットする方法を教えて下さい。

  • あきひろ

    11/28 7:35

    このやり方の何処にアイデアがあるのか解らない。結局ジップロック使うんでしょ?

記事の無断転載を禁じます